Hellgate:Nomal コンプリート

青梅マラソンの開催中止で意気消沈したままフィンランド出張へなだれ込み、海外の技術者相手に怪しげな英語でプレゼンをして帰ってきたら息子が熱を出し、続いて嫁と自分も風邪を引き、やっと回復してきたと思ったら今度は花粉の猛攻撃で現在ティッシュを大量消費してる今日この頃ですこんばんは。(<近状報告)

んで、そんな中でもチマチマHellgateをプレイして先日やっとNomalをクリアしました。常連の皆さん、長い間お疲れ様でした。最後まで付き合ってくれてありがとう。

とりあえず例によってクリア時のステータスを晒しておきます。
Hellgate0803041

結局、最後の最後までメインウェポンはオートマチックライフルでした。
だって実効制圧力がダンチなんですもの。他の武器とのバランスがイマイチ崩れている気がするのは私だけなんでしょうか。この武器を使うだけで明らかにプレイが楽になるんですが。
Hellgate0803042
あまりに気に入ったので、Act5に入ったあたりで40000プラチナのオーグメントをエンチャンとしてみました。これ具体的にどんな効果が付与されるのかやってみないと分からないという、わりと博打要素の強いシステムなんですが、私の場合は Shield Overload +56% でしたね。どんな効果かというとシールドを削る強さが+56%UPとかそんな感じだと思います。たぶん。まあ自己満足みたいなもんです。バイクチューンで言うところの盆栽とかそんな感じ。

総評ですが、ゲームとしてはもう言うまでも無く大変面白かったです。ただ、やってること単純なのに最後まで飽きもせず遊べたのは、ひとつにはマルチプレイだったから、という理由もあったと思っています。やはりボイスチャットをしながらネットゲームを遊ぶ楽しさというのは、文字だけのコミュニケーション時とは別次元ですね。DDOのときも思いましたが、自分はゲームで遊ぶのが好き、というのも当然あるけれど、何より複数の人とゲームで遊ぶという、そんな空気を共有してることが一番好きなんだなあと改めて感じました。
ボードゲーム然り。テーブルトーク然り。勝負事は基本的に弱いし苦手なんですが、それでも時々無性にやりたくなるのはそんな自分の性格のせいなんだと思います。

以上、また時間があれば2週目もやりたいし、もっと面白そうなマルチゲームが見つかれば試してみたいですね。良さげなのがあったら是非教えてください。まだ当分は休日の前夜ぐらいしかできませんが、今後とも付き合っていただければ幸いです。

 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Hellgate:Nomal ACT3

ACT3が終わりました。
自キャラは今 こんな感じです。

Hellgate0801271

装備は基本的にシールド重視です。なんだかんだで後衛もダメージを受けるので、防御にも気を使っているつもり。とは言っても装甲が紙みたいなもんなので、気がつくと残りヘルスが5とかになったりしますが。

メインウェポンは以下。
Hellgate0801272_2
相変わらずオートマチックライフルです。いろいろ試したのですが、プレイヤーの射撃能力が低いため、一撃が重くて連射の効かない武器や、弾が分散する系統の武器は向いてないことが分かりました。結局、射程距離がそこそこあって、連射性能の高いコイツが一番使い勝手が良いと感じています。


Hellgate0801273
連射の効かない武器は苦手といいながら、それでも遠距離を狙える手段は確保しておきたいので、スナイパーライフルも相変わらず使ってます。遠くから飛び道具を使って攻撃してくるような場面でチマチマ応戦しようと思っているのですが、ウチの前衛は血気盛なため、あまり活躍する機会がありません。まあ、突っ込んだ方が手っ取り早いんですけど(笑)

おまけでスキルツリーを晒しておきます。

Hellgate0801274
見ての通りドローンにはまったく手をつけていません。とは言え20レベルになってそろそろ方向性を決めなければならなくなりました。このままBOT自爆ビルドに突き進むか、ドローンに転向するか。プレシジョンストライクというグレネードのようなスキルもなかなか使えるようなので余裕があれば取りたいところ。意外に選択肢が多くて迷います。
ちなみに数日前のパッチでスキルを1回だけ取り直せるアイテムが配られたようなのですが、何故かこのエンジニアにはそのアイテムがありませんでした。なんかのタイミングが悪かったんでしょうね。まったくガッデムな話です。仕方ないので一発勝負で進路を決めるしかありません。
今ちょっと考えているのは、後衛戦闘に特化させたドローンを作る、というものです。自分は幸いマルチ限定で遊んでいるので、通常、前衛はガーディアン様にお任せできます。そうするとHPやシールドを増やす為にスキルポイントを振る必要があまりなくなり、その分少ないポイントでドローンを運用できるのではと思っているのです(希望的観測)。

んー、どうですかね。そんな上手くいかない気もしますが、せっかくエンジニアをやっているのでドローンも使ってみたいところ。もう少し悩んでみようと思います。
何かご意見がありましたらコメントよろしゅう~。

  

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Hellgate:Nomal ACT2(その2)

めでたく3人グループとなり、育成お手伝いにセカンドを作ってみました。

Hellgate0801191
ファーストのレベルに追いついたら捨てる予定で、サマナーを適当に作成。ノーラスより輪廻転生してきました。お久しぶりです。あのハイエルフの気品はどこへいかれましたか?
某世紀末に出てくる雑魚キャラみたいだと散々な言われようです。確かに台詞もなく死んでいきそうです。

正直さっさと元のキャラクタに戻りたかったのですが、こいつ、ヘルス回復能力をもったミニオン(<仲魔)を召喚できるんですよね。グループバランスを考えてみるとエンジニアよりこっちか・・・? いやしかし、やってて楽しいのは明らかにあっちです。外見的にも。
そもそも回復役が必要か、という疑問も少しあり。まあ安定して戦えるとは思うんですけども。

うーん、どちらをメインで進めるか本気で悩んでおります。
ご意見プリーズ。

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Hellgate:Nomal ACT2(その1)

レベル12になりました。
Hellgate0801121
相方のガーディアンがセクシー路線を邁進して防御力に不安を覚える今日この頃ですが、こちらは打って変わって地味な外見になってしまいました。前の方が良かったような気がしないでもない。

ついでに最近のメインウェポンも晒しておきます。
Hellgate0801122
Hellgate0801123
スナイパーライフルは、正確に当てられるようになればかなり使えることが判明。威力がプレイヤースキルに依存する武器だと思います。

難易度は今のところかなり易しめですね。Nomalだからだと思いますが、サクサク進んでラクチンです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Hellgate:インプレッション

というわけで、新年早々ゲームのお話です。
正月気分の勢いにまかせてゲットしたHellgateですが、予想以上に楽しいので少しご紹介。なんだ余裕あるなと思われるかもしれませんが、睡眠時間を削ってやってまして正直ちょっとしんどい。でも面白くてついついやってしまうんですよね。おかげでここ数日は寝不足でおかしなテンションになりつつあります。世の子育てお父さんは間違っても真似してはいけません。
余談ですが先日友人から、どんなに忙しくなってもゲームはなかなか卒業できないもんだ、というメールをいただき、いや、まったくだと思いました。本人の意思の問題じゃないかという至極まっとうな意見もあるかと思いますが、深くはつっこまないでいただきたいところ。ゲーマーの性というやつです。

さておき、Hellgate。まず現状ですが、だいたい7時間ぐらいプレイして、レベル10になりました。シナリオはACT2に入ってピカデリーサーカスに到着したぐらい。クラスはエンジニアでやっています。(以下、自キャラ晒し↓)
Hellgate0801061
エンジニアは後方に位置して戦うアタッカー的位置づけのようで、主な武器は銃です。ロケットランチャーから火炎放射器、フルオートのライフル、スナイパーライフルなどなど様々な銃器が使用可能。以前お伝えしたマークスマン同様、プレイ感覚はほとんどFPSのそれですね。マークスマンと異なるのはBOTと呼ばれる補助ロボットを使役することができるところで、これは某ロボットアニメで言うところファンネルとかビットとかを想像してもらえれば当たらずとも遠からずといった感じ。動きもだいたい似てます。ただし今のところそれほど強力ではありません。どちらかというと攻撃力よりも近くの敵を見つけてくれることの方が嬉しかったりします。あとドローンという、完全に独立したロボットを使役することもできるようですが、中途半端に手を出してもダメっぽいことがWikiに書いてあったので保留中。アーマーを装備させたり銃や剣を取り付けたりといろいろカスタマイズできて面白そうなんですけどね。

というわけで今の戦い方は相方のガーディアンに先陣をきってもらい、集まってきたMobを片っ端から撃ちまくるという非常にオーソドックスなスタイルとなっております。
ちなみにこのゲームは兵装タイプを3つまでプリセットでき、ファンクションキー(F1~F3)で瞬時に切り替え可能です。今のところ私はF1に中~近距離用のマシンガンライフルを、F3に遠距離用のスナイパーライフルをセットして状況に応じて使い分けています。スナイパーライフルは一発の威力が高いのですが連射がきかないので、的確に命中させられないと痛いです。タクティカルスタンスという伏せて命中率と有効射程距離を伸ばすスキル(スキル?)なんかもあるのですが、マークスマンではないのでそういった射撃用スキルにポイントを振るのもどうかと思い、結果的に銃器での攻撃は若干中途半端な感じに。ドローンを使う気が無いんだったらむしろ取った方が良い様な気もしてるんですが・・・非常に悩ましいところです。最初はキャラ作り直すつもりでいろいろ試してみようかなあ。

閑話休題。

自キャラの話はおいといて全体的なところをもう少し。ゲーム性は体験版と変わらずいたって単純です。街で装備を整え、クエストを引き受け、MobのいるZoneに入り、ひたすら戦う。視界不良になるほどドロップするアイテムを片っ端から拾い、今の装備より強ければ交換、いらないアイテムはその場で分解、もしくは街に帰って売却。レベルが上がれば能力値やスキルにポイントを振ってキャラクタを成長させる。クエストが完了すれば褒美をもらい、ストーリが進むと新しい街やZoneへ行けるようになる。ときどき強力なMobが出てくるので気合で倒す。それだけです。本当にそれだけの繰り返しです。なので、飽きる人はあっという間に飽きると思います。自分もそんなにハック&スラッシュ系が大好きってわけではないので、どうかなと思っていましたが、どうして予想以上にはまってますね。何が面白いってやっぱり単純に群れをなして迫り来る異形を近づけないよう必死で撃つ、あのギリギリ感が良いんでしょうね(射撃系キャラ限定かもですが)。なんというかアレですよ、映画の『エイリアン2』とかあのへんの感覚です。撃って、撃って、それでも後から魔物が沸いて、下がって撃って、下がって撃って、下がって・・・・・ああ、後ろはもう壁だ!みたいな。
相変わらず分かりづらいですか。そうですか。

なんにしてもストーリーが英語でほとんど理解できない、という点を除けば今のところあまり不満の無い良ゲーだと思います。マルチも思ったほどつまらなくないですし。後半、敵が強くなってソロだときついという話なので、協力プレイで乗り切るのが楽しみです。お互い足を引っ張り合って1人の方が楽だとかなったら涙目ですが。

 

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Hellgate:London

ちょっと前から気になっていたタイトルがありました。
それは『Hellgate:London』。

Hellgate0711171

一言で表すとディアブロの3D版です。ディアブロはディープにはまったりはしませんでしたが、その完成度の高さと、止め時の難しい中毒性から、ときどき無性にやりたくなる良作でした。Hellgateは製作者がそのディアブロと同じらしいのです。そら期待したくなるってもんです。

で、昨夜珍しく息子が早く寝たのでデモ版をダウンロードして遊んでみることに。
製品版はクラスが6種類あるらしいのですが、デモではその中のブレードマスターとマークスマンが選べます。とりあえずそれぞれ30分ほど遊んでみました。

Hellgate0711174
ブレイドマスターでのプレイ画面。

ゲームシステムはアクションRPGにFPSの要素が混ざった感じです。ブレードマスターでプレイしていると、まさに3Dのディアブロ。当たり判定が若干甘く、純粋なアクションゲームだと勘違いすると少し肩透かしに感じるかもしれません。あくまでディアブロタイプのRPGです。移動方法はFPS型。マウスで方向転換、Wキーで前進、Sキーで後退、AとDキーがサイドステップ、マウスのクリックで攻撃です。正直にいうとブレードマスターでのプレイはちょっと物足りない感じでした。モーションがギクシャクしている感覚があり、ディアブロほどの爽快感がない気がします(序盤だからかもしれませんが)。

Hellgate0711172

ところがマークスマンでプレイするとそれが一新。視点が一人称に切り替わり、それなりに緊張感のあるシューティングが楽しめます。当たり判定が半自動なのは変わらずで、これまた純粋なFPSに比べるとかなり大味です。ただし、移動中に射撃すると着弾がばらついたり、連射すると徐々に集弾率が落ちたりするところなど、ちらほらとこだわりのある作りになっていて好感が持てます。そしてなによりテクニカルなプレイ感覚がやっていて非常に楽しい。ディアブロ同様スキル制の成長システムなんですが、マークスマンではグレネードなどの独特なスキルがあり、この存在がブレイドマスターと一味ちがった戦い方を実現させています。まあ精神力を消費してグレネードを投げるというのは正直意味不明ですが、あくまでファンタジーですので気にしてはいけないところです。

ちなみに世界観は見ての通りアメリカお得意のサイバーパンク系です。「荒廃した未来」「異形の者」「魔法」「メカ」とまあごった煮。こういうのって日本人には受けが悪そうですね。個人的にはそれほど嫌いではありませんが。それと舞台がHellgateを開いてしまったLondonという設定なので、ステージのバリエーションが作り難そうだなという印象は受けました。最初から最後まで同じような場所だとさすがに滅入りそうです。

実はデモで一番知りたかったのは「マルチプレイが楽しそうかどうか」でした。EQ2を引退して以来、ネットゲームの禁断症状が出つつあったりしてまして、MMOは無理でも短時間でさくっと楽しめるMOで、何か楽しそうなものはないかと探していたのです。
んで結論からいうと、よくわかりませんでした(苦笑)

ディアブロをはじめとする「ハック&スラッシュ」と呼ばれるジャンルは、単純に言えば殲滅力を競うゲームです。押し寄せる大量の敵を捌けるかどうか、単位時間あたりのダメージを如何にあげるか、どれだけ効率良く、安定して戦えるようなキャラクタを育てるか。といった遊び方に特化されているものが多いと思います。Hellgateもそんな感じで、クラスによって様々な戦い方、育て方があるものの、それはそのクラスで完結しており、複数のクラスが協力することによって相乗効果が現れるか?というところがイマイチつかめませんでした。マルチプレイをしても、それぞれがシングルのときと同じように遊ぶだけのスタイルでは、恐らく面白くないかむしろシングルの方が邪魔がない分だけ楽しい、なんてことになりそうな気がします。そのあたりどうなんでしょうね。デモ版では掴みきれない部分でした。
なんといっても2クラスしかプレイしていないわけだし、ランクが低くて出てくるアイテムもまだまだ素っ気無いものでしたから、きっとHellgateの魅力の1/10も体感していないんだろうと思います。

いずれにしても今のところ英語版しかないので、少し様子見かなーと思っております。
などと言って来週には「買っちゃった」とか言ってるかもしれませんが(笑)

 

| | Comments (6) | TrackBack (0)