さよならEverQuest

このカテゴリーでエントリーするのもこれが最後かな。

EverQuest Nextの開発が中止したそうです。多くのEQファンが予想していた結末だとは思いますが、やはり残念。それ以外に言葉がありません。

Continue reading "さよならEverQuest"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『EVERQUEST NEXT』

久しぶりのEQネタ。

やっぱり触れないわけにもいかないかな、と。
 
EVERQUESTの新作が、ある程度かたちになってきたようです。
 
どうなんでしょうね、期待していたクオリティに達していないという理由で一から作り直しているとは聞いていましたが、今度のは「全く新しいMMORPG」というふれこみに恥じない出来なんでしょうか。実際のところ上記の公式サイトからまったく新しさを感じませんけども。
 
いちおう、いろいろ情報が出てきいるので、興味のある方はこのあたりをご参照ください。
流行りのサンドボックス的な要素が新しいと言いたいのかな?
 
一時期、散々遊んでいた人が言うことではないと思いますが、自分はあまり今のMMORPGというゲームカテゴリが好きではありません。期待し過ぎて幻滅するからです。
EQJEの頃は、それもローンチ初期に限りますが、ワクワク感がありました。どこに行くにも新しい発見があって、危険と隣り合わせで。グラフィックはあの当時でも相当アレでしたが、長年培ってきた妄想力を駆使すればまがりなりにも「冒険している」と感じることができた。そして大切なのは、そのワクワクを他人と共有することができた。今思うと、自分にとってはそれこそが一番のポイントだったと思います。
 
ただまあ、そんなのはMMORPG黎明期のほんの一時期だけで、少し経つと誰もが実際に行ったことのないダンジョンについて詳しくなり、どこのNamedがどんなMagic itemを落とすだとか、このクエストはどこそこのNPCから始まってLoc xx, yy, zz にpopするmobをどーの、こーのと話だすわけです。うん、みんな詳しいよね。allakhazamに全部書いてあるもんね。
自分が新しいダンジョンに到達して一人テンションアップしても、詳しい方は階層構造からmobの配置、repop時間、なんでも知ってるぜって感じで。「おい、分かれ道だけど、どっちに行く?」とか議論する余地もあまりなし。添乗員付きのツアー旅行状態です。
 
キャラを成長させることも確かに楽しいですけどね。
できれば、それはあくまで目的を達成するための手段の一つであって欲しかったなーと思う。
古典ばかり引き合いに出して恐縮ですが、RPGの始祖であるD&Dがルール上、10LVかそこらで上限に達してしまうのは、ゲームのコンセプトとして、レベル上げが楽しみの中心ではなかったためだと自分は思います。シナリオによっては最初から高レベルのキャラクターを作成して遊んだりもしますから。
 
ビデオゲームではRPG本来の楽しさが味わえないので仕方がないところもありますが、そろそろ技術も進歩してきたことだし、「戦闘とキャラ成長」を主軸においたデザインから脱却してもいい頃なんじゃないでしょうか。
そういうことを言う人はNeverwinter Nightsでもやってろと言われそうだけど。
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

買っちゃう?

このBlogではちょっとご無沙汰していたEQ2ですが、まだまだ継続プレイ中でして、レベルは現在68になりました。目指せカンスト。最近は某ゾンビゲーに浮気しつつありですが、モチベーションはまったく衰えておりません。とはいえ敗戦に敗戦を重ねてるプリズマティックには流石にちょっとげんなりしてきました。求む助っ人。

それはさておきアイテム課金です。この唐突に導入された新システム、要するにゲーム中で利用可能なアイテムをリアルマネーで買っちゃえる、ということ。世の中、ゼニが全て。地獄の沙汰も金次第ですね。MMORPG、特にアジア圏のタイトルではお馴染みなようですし、歓迎する声もあるかと思ったら意外とEQ2プレイヤーの間では批判的な人が多いらしい。
まあ「興ざめする」というのはちょっと分かるかな。けど、昔のEQならいざ知らず、既にここまでカジュアルに傾いたEQ2なら、ある程度アリなのではという気もします。ノーラスの世界でキャラクタと共に暮らす、といったRPG本来の楽しみ方はEQ2ではもう難しいでしょう。現実の世界を身近に感じてしまうアイテム課金が導入されても、自分はそれほど白けないですね。
でもまあ、そういう昔かたぎの人というかディープな人がまだプレイしてるんだなあと思うとちょっと嬉しい気もします。

ちなみに肝心のラインナップですが、ざっと見たところ以下のような感じでした。

 ・経験値UPポーション
 ・アチーブUPポーション
 ・生産経験値UPポーション
 ・ファンペット
 ・変装セット?
 ・ハウスアイテム

うーん、正直かなりどうでもいい品揃えだ。今のところ、というだけかもですけど。
経験値UPポーションとかはさ、自分は結構欲しいけど、これ買っちゃうのはある意味可哀想な人だよね。時間の無い人間が、先のコンテンツを早く遊びたくて使うわけでしょ。時間かけて遊べる人はいらんよね。今だって適正ダンジョン一通り巡ってればそれだけで十分レベル上がるし。まあレベルを早くあげるのが目的なら違うんだろうけどさ。それより、個人的には移動アイテムを売って欲しい。各ゾーンもしくはダンジョンへのゲートを開いてくれるNPCがどこかにいて、チケットを渡すと飛ばしてくれるとかさ。そのチケットが10枚つづりで300円とかだったらちょっと考えちゃうかも。EQと違ってEQ2のゾーン移動って本当にただ時間がかかるだけの作業だしなあ。

ゲームに対して潔癖な人というか、真摯な人が多いみたいなので、このシステムの導入で人が減るようなら撤回も止む無しだと思うけど、個人的には今のところ面白い試みなのではと思います。開発元にもっとお金が集まれば、コンテンツの充実というカタチでプレイヤに還元される、というまっとうな展開を期待しても良いと思うしね。といっても自分が購入するかというと現状ではお値段的にも内容的にも微妙ですが・・・。

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ウォーデンのひみつ

本当は50レベルになったときにやろうと思ってた能力紹介ネタ。
遅くなりましたが53レベル現在の生態を赤裸々に発表しましょう。
おい、そこ、どーでもいいとか言うな。


まずはやってる本人がウンザリするほど多彩なBuff群から。

Eq2080906buff1

以上の4つが集中力を要するBuff。

パワーMAX値の上昇(単体)
ヘルスMAX値の上昇(グループ)
魔法耐性の上昇(グループ)
敏捷、英知の上昇(グループ)

となっております。単体のパワーMAX値上昇は複数人にかけられますが、一人が維持できる集中力の必要なBuffは5つまでという制約があるので、自分とあと一人、その時に一番パワーが足り無さそうな人にかけています。

続いてMTにかけているBuff。

Eq2080906buff4

お約束のDS(ダメージシールド)とミリー系スキル値の上昇、そしてリアクティブヒールがかかる(かもしれない)おまじない。
最後のは発動確率が8%と微妙ですが、ソロで自分にかけてると案外死ににくくなるので、それなりに役立っているのでは。

Eq2080906buff2_3

戦闘中のパワー回復率を上昇させるBuff。
これは主に自分にかけています。効果はあるんでしょうが実感はあまりなし。

Eq2080906buff3

みんな大好きSoW(スピリット・オブ・ウルフ)。
最優先でアチーブ強化しました。移動速度45%上昇はやっぱりお役立ちだと思う。プレイアビリティがガラリと変わります。

Eq2080906shape

こちらは自分自身の姿を変える魔法。シェイプチェンジ系。

ドルイドの十八番ですので、いっぱいあるのですが、とりあえず一番よく使っているものを紹介。
左がドルイド自身がもつアビリティ。右は魔法です。同時に使うとなんと効果が累積します。どういう姿になってんだよってツッコミたくなりますが、見た目は最初に使用したものが採用されるっぽい。まぁ深く考えないことにします。
ちなみに以前はむさいおっさんルックに耐えられず、常にオオカミの姿になっていたのですが、エフェクトの湯気が視界を悪くするため、止むを得ず最近は本来の姿でプレイしてたりします。
本体がどんな姿かはこのエントリーの最後に。心臓の悪い方はご注意ください。

Eq2080906pet

信仰Petです。聖なる癒し手であるワタクシの僕はテュナレ様より授かったウィル・オー・ウィスプ。そういやウィザードリィで倒しまくってたな。もともと鬼火って悪人の魂のことで、あんまり良いものじゃなかった覚えがありますがこれも無理やり気にしないことにしました。

やっとBuff系がおわりです。死ぬとこれらを全てかけなおす必要があるので超めんどうくさいです。超。(某サイト風)

Eq2080906heal

お次はヒーラーの本分、癒しのアート。

上段が単体ヒールで下段がグループヒール。以前HOTの説明もしましたし、改めて書くことはあまりないかな。とりあえず説明を読んでください。だいたい今はこんな程度のヒール能力を持っています。
使用頻度の高い単体系については出来るだけ中級以上にしてますが、グループ系はブローカーの価格が高騰しているため、未だ初級とかです。安いのみつけたら教えていただけるとありがたい。

Eq2080906heal2

緊急救済用ヒール。詠唱時間ゼロ。一瞬で対象にHOTがかかります。
左が単体、右がグループ。主に中の人の集中力の低下等によりMTのヘルスが危機的状況であることに気がつかなかった場合などに使用。つまり使用頻度はわりと高。リキャスト15分ってもうちょっと短くなりませんかね?SOE様。

Eq2080906heal3_2

んで変り種ヒール。発動すると自動的に延々ヒールをし続ける。パワー効率がかなり良く、そのうえ対象のヘルスだけでなくパワーも微量ではあるが回復させちゃったりなんかして。
こいつぁ、すげえ!とかこれで思っちゃう人は注意力散漫な人(※自分のことです)。
このスペルは説明の最後の一文がキモ。

これ使ってなんとかなる状況なら寝落ちしてると思う。

Eq2080906cure

こちらは状態回復系魔法。といっても正確には回復は右だけで、グループ全体のエレメンタルとトラウマ属性Debuffを回復します。左はというとフバーハ(エレメンタル耐性上昇Buff)です。ただし効果時間は30秒程度なので使いどころが難しい。相手がキャスターっぽいときに念のため開幕一発目によく入れています。
ごらんのようにウォーデンは毒とアーケインの治癒が不得意ですので、そこんとこご了承ください。

Eq2080906revive

あえなく死亡したときの蘇生術。なんか知らんけど、似たようなのがいっぱいあります。違いの分からない男である私は、とりあえず上記の2つぐらいしかホットバーに登録してません。
左が一度に複数人蘇生できるやつ。右は単体で、いったんオオカミに変身してイロイロ特典がつきまっせ的なやつ。正直あんまりいらない気がするけどなんか面白いので採用。どちらも戦闘中に使用可能です。
ちなみにグループ蘇生は小グループの場合それが必要な状況なら自分も死にかけてる可能性が高いので、実は使いどころがありません。それより自分を復活させてくれるアイテム(通称:羽)を忘れずにメンバーに配ることが最重要な気がしている今日この頃です。

Eq2080906attack1

やっとこさ攻撃系のアーツです。
バトルクレリックを目指す勇敢なウォーデンである自分的には最優先で強化したいカテゴリー。とりあえずアチーブで全てアビリティ化してあります。ここだけの話、最近はうちのMTの1/3ぐらいはDPSは出せてます。ソロも案外いけるようになりましたが、インビジがないのでやっぱり非効率的。
不満点はスタンのかかるアーツが1つしかないため、相手のスペル詠唱を止める術に乏しいところでしょうか。全体的に再使用までの時間が短いのは良いですね。

ちなみに以前にも書きましたがアチーブはSTRパスをメインにとっており、攻撃がヒットするごとに一定確率でグループをヒールするようなパッシブスキルを持っています。よってヒーラーにも関わらず常に前のめりで戦闘に参加しておりますが、決してヒールを疎かにするものではないのでご理解のほどよろしくお願いします。まあ攻撃に気をとられて単純にヒール忘れてるときもありますが。

Eq2080906rerevive

微妙としか言いようの無いお守りスペル。死亡したときヘルス全快で復活とかならいざ知らず、500足らず回復して復活されてもどうなんだろうとか思う。けど案外それだけの回復量でもヒールが間に合って持ち直すこともあるので、誰かが死にそうなときは駄目もとでかけることにしてます。ときどきこのスペルの存在を忘れてて普通に死なせてしまうときもありますが気にしないことにしました。

Eq2080906god

以上で主要なスペルとアビリティの説明は終わりですが、最後に自分が信仰している神(テュナレ)の祝福と奇跡を紹介。現在セットしてるのは上の2つ。すでにランク3まで使用可能なのですが、これらはランク1と2です。左がよく使うヒールブースト、右はいつか使えたら良いなと思ってる神聖DOT。DOTのくせにダメージが半端ないですがよく見るとアンデット限定。コレ使わないと勝てないアンデットってなかなかいない気がしないでもない。

Eq2080906character    

で、お待たせしました、これが私の真の姿です。
っておい、こら、逃げんな。

 

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

再度、五十路を迎えました

またしても基本パックのレベルキャップに。前回40レベルの報告をしてからたったの3週間です。
てめえメチャクチャ遊んでるじゃねえか!と思われるかもしれませんが、あくまで1日1時間です。ええ、ほんとに。
でも考えてみると毎日コンスタントに1時間って結構遊んでるほうなんじゃ・・・?とか思い始めている今日この頃。本人が気が付かないうちに廃人の域に足を突っ込んでるEQ2恐るべし。そら全米で未亡人の会とかできるわけです。ってありゃ500年前のやつか。

最近思うのですが、MMORPGってのは意外とゲーマーの懐に優しいジャンルなんじゃないかと。だってこのタイトルだけで既に3ヶ月とか遊べちゃって、月々1500円前後ですよ。単純に考えて総額4500円。携帯ゲーム機のソフト1本ぐらいで3ヶ月=90時間遊べてるわけです。同様に1本で90時間遊べるものが今まであったかといえば、まあギレンの野望みたいなのだとそれぐらいいくかもですが、それより早く飽きるものも少なくないわけで。ネットゲームで月額制のは高いって言う方もいますけど、普通に据え置きゲームやってるより経済的なんじゃないですかね。まあ普通に据え置きゲームやりながらネットゲーもってなると確かに高いと感じるのかもしれません。幸いここ数ヶ月は平行してゲームをする余裕があまりなかったので私的には安くついてる感じ。
なーんて、こんな話を展開しながらアレですが、実は先日DS版の「ファイアーエムブレム」を買ってしまい、上記のMMORPG経済効果説はもろくも崩れ去ったのでした。ゲーマーはネットゲーだけじゃ満足できんということですか。でも後悔はしておりません。FE最高!

与太話はこのぐらいにしてEQ2の話題に戻りますが、50レベルになったら今回やろうと思っていたのが、これまであまり遊んでいなかったZoneへ足を伸ばすこと。ちょっと調べてみると意外とこのレベル帯は選択肢が多いんですよね。wikiからざっとZone名を抜き出してみても以下のような感じ。

 

【Tire5】

 ■フィーロット(Feerrott)
   ・カジック・シュールの神殿(Temple of Cazic-Thule/CT)
   ・ロストソウルのオベリスク(Obelisk of Lost Souls/OLS)
 ■リバーベイル(Rivervale/RV)
   ・ドラフリング・タワー(Tower of Draftling)
 ■エバーフロスト(Everfrost)
   ・パーマフロスト(Permafrost/Pf)
   ・ミラガルの魔法展示場(Miragul's Menagerie/MM)
   ・アイススパイア峰(Icespire Summit)
   ・フォービドゥン・セパルカ(Forbidden Sepulcher)
    ※ソロ用インスタンス
 ■ラヴァストーム(Lavastorm)
   ・ソルセックの眼(Solusek's Eye/ソル眼、SolE)
   ・炎の間※インスタンス
 ■スチームフォント山脈(Steamfont Mountains)[35-50]
   ・クラッカノン(Klak'Anon)[45-55]
   ・メルドラスの鉱山(Mines of Meldrath/MoM)[50-55]

【Tire6】

 ■シンキングサンド(Sinking Sands/SS)
   ・サンクトリウム(Sanctorium)
   ・ルジャーク渓谷(Clefts of Rujark/ルジャーク)
     ・埃の魔窟(Vault of Dust)
     ・スコーンフェザー・ルースト(Scornfeather Roost/スコーン)
   ・隠された宝物庫(Hidden Cache/宝物庫)
   ・リビングトゥーム(Living Tombs/LT)
   ・沈黙の都(Silent City)
 ■ピラー・オブ・フレイム(Pillars of Flame/PoF)
   ・エンシェント・テーブル(Ancient's Table/AT)
   ・幻影の城(Shimmering Citadel)
     ・詩人宮廷(Poet's Palace/詩人、PP)
   ・キャゼルの踊り場(Cazel's Mesa/キャゼル)
 ■グレーターフェイダーク(Greater Faydark/GF、Gfay)[1-20]
   ・ニュー・テュナリア(New Tunaria)[55-65]
 ■ブッチャーブロック山脈(Butcherblock Mountains/BBM)[20-35]
   ・カラディム(Kaladim)[60-70]
 ■スチームフォント山脈(Steamfont Mountains)[35-50]
   ・クラッカノン(Klak'Anon)[45-55]
     ・コート・オブ・イノベーション(Court of Innovation)[50-60]
   ・メルドラスの鉱山(Mines of Meldrath/MoM)[50-55]
 ■レッサーフェイダーク(Lesser Faydark/LF、Lfay)[50-60]
 ■シンの村(Village of Shin)
   ・ミスティック湖(Mystic Lake)[54-68]
   ・見捨てられし者の都(Forsaken City)[60-68]

 

とはいえ、最大4人グループでやってることを考えると、まだ50台のZoneは正直厳しいと思います。そうなるとひとまずTire5が中心になるかと思うのですが、如何せん街からのアクセスが微妙な場所が多いのが難点。ドルイドのGGなどで行きやすいZoneとなると結局スチームフォントがメインになちゃいそうな感じです。クラッカノンとか嫌いではないのですが、前回も結構行ったところなので、できれば今回はエバーフロストやラヴァストームでブイブイ言わせたいところ。GGのドルイドリング増えないかしら。

どなたか何かいい案がありましたら教えて下さい。
個人的にはブラッドクロニクルとかアドヴェンチャーパックに手を出すのもアリかと思ってるのですが・・・もう旬が過ぎちゃったかなあ。

 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ギルドメンバー

息子が珍しく昼寝しまくっているので、暇つぶしにギルドメンバーの紹介でもしたいと思います。
本人の承諾はまったくとっておりません。問題のある場合はご一報ください。即刻削除いたします。

 

 ■Trogir
 ■Monk
 ■Dwarf

我らのギルドリーダーにして唯一のタンク。考え方が合理的で効率を重視するため、プレイのテンポが早い。お任せしてついて行く分には楽だが、たまにメンバーのコンセンサスを得る前に戦闘が開始されるなど単独行気味な点はやや心配。求む「報・連・相」。あとMTにしては柔らかめなクラスなのでヘルスの変化が激しく、ヒーラーとしては面白い。自己ヒールがあるが、過信して放っておくとたまにそのままお亡くなりになったりする。ヒロイック・チェーンのトリガーよろしくね。

 

 ■Volfrd
 ■Wizard
 ■Human

優秀なダメージディーラー兼ボケ役。自らの魔力を全て放出して攻撃するマナバーンをはじめ、桁が一つ違うダメージを一瞬でたたき出す。が、こういったDPS職にありがちなイケイケ思想はあまり持ち合わせておらず、どちらかというと慎重派なためMobが跳ねることはまずない。安心印の優良アタッカー。でも、木の棒でポクポク叩いてる暇があったらDOTの1つも入れて欲しいのが本音。あと会話のレベルは常に中の下ぐらいでお願いします。レベルが高いと意味を考えてる間にヒールがおろそかになったりして危険。

 

 ■Chanter
 ■Illusionist
 ■Gnome

500年前からお世話になってるメンバーの要。各種情報から高性能生産品の提供、金銭面、ギルドの発展、何もかも面倒を見てもらってて頭があがらない人。しっかり者の影のボス。組織というものは、たいていこういう人が裏から支えて成り立っていることが多いという典型的な一例。戦闘においてはパワー補助による持久力の底上げ、ADD処理などのクラウドコントロールによって安定した戦局を作り出す。EQ2再開当初は、3人で何処までいけるか不安だったが、この4人なら80レベル完ストするまで遊べるかもという希望が湧いてくる。Mezがレジストされたときにヒーラーである自分が的確にフォローできるかどうかが今後の課題。

 

自己紹介はいつもしてるので割愛。

いまのことろ素晴らしくバランスの良いギルドだと思います。タンク、アタッカー、クラウドコントローラー、ヒーラーと主要職が一通りいるしね。あえて欲を言えばもう一人、スカウトがいればと思うこともあります。トラックとかね、できる人がいると助かるなと思うわけですよ。まあ正直にいうと4職ヒロイック・チェーンが使ってみたいというそれだけなんですけども。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

祝!紋章ゲット

ウォーデン君が所属するギルドが、ついに15レベルに到達しました。
これでマントにギルドの紋章を入れることができるようになりました。

EQ2のギルドはただ人が集まってギルドチャットが使える、というだけではなく、メンバーが共通に使える金庫や、ギルドホール(アジトみたいなもの)の購入、特殊な馬や家具の入手、ギルドタスクの請負など、様々な機能が提供されています。
そのなかにギルドマントという(私が勝手に呼んでいる)ものがあり、これはそのギルド特有の紋章や模様が入ったマントをメンバーが着用できるという素敵システムなのです。誰ですか、そこでどうでもいい機能だとか言ってる人は!確かにゲームを進めるうえでは何の効果も得もないものですが、ようは気分の問題です。RPGなんですから、ここは雰囲気を重視したいところなのです。

というわけで、勝手に紋章の個人的希望をここにアップしておきたいと思います。

【第一希望】

 <太陽>
Eq20808091_3

理由:おめでたい感じだから


【第二希望】

 <シーホース>
Eq20808092

理由:Coronatusは最強のボスだから
    もとい、何も考えてなさそうだから


【第三候補】

 <帆船>
Eq20808093

理由:風まかせだから

 

いかがでしょうか。基本的にギルド名にちなんだものをチョイスしてみました。ふざけているようですが結構マジです。メンバー各位におかれましては、是非ともこれらの模様も検討していただきたああい。
まあ最終的にはリーダーに決定権がありますので、お任せいたします。

ちなみに最初はメンバーが4人なので、4つの星が光ってるやつとか、4本の武器が交差してるやつとか、そういうのを考えていたのですが、イメージに近いものがなくて断念しました。残念。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

ゲームは1日1時間

Eq20807261
突然ですが私はどこにいるでしょう?

という遊びをやろうと思ったのですがビックリするほどつまらない画像しか撮れませんでした。すみません。(ウォーデンは上のようなトレントっぽい姿にもなれたりしますって紹介のつもり)

さておき、めでたく40レベルになりました。
タイトルのような伝統的健康優良プレイにも関わらず、案外進むものです。

過去のBlog記事を見直してみると、前回のブリガンド君が20レベルから40レベルになるまでに約3ヶ月かかっていました。今回のウォーデン君はそれ以上に早い気がします。やはりEQ2はカジュアル志向が強くなってきているのでしょうか。1時間でも効率よくプレイしてるから、というのもあるとは思うんですけどね。計画的に進めないと、行きたいZoneの適正レベルをすぐに超えてしまうという、嬉しいんだか悲しいんだかよくわからない事態に陥ることもしばしばで悩ましい限りです。

さて、ウォーデン君の近状ですが、39レベルで念願の緊急移転魔法EVACを覚えました。生存率の向上に貢献できるとともに、グループゲートの呪文と組み合わせて上手く利用すれば移動時間が大幅に短縮される素敵スペルです。やっと当初の予定通りのプレイができるようになってきてちょっとホクホクです。

んで例によって40レベルまでの所感を簡単に。

【気に入っているところ】

 ・ 安定したヒールができる
 ・ 案外DPSが高い
 ・ 移動速度が早い(通常145%、スプリントで200%)
 ・ ズゴック並に水陸両用
 ・ GG(グループゲート)である程度ショートカットしながら目的Zoneへ移動可能

【イマイチなところ】

 ・ ヒール力が不足するときがある
 ・ インビジが自由にできない
 ・ GGで行ける場所が何気に少ない

てところでしょうか。まあソロでもそこそこ出来ることが分かってきて、最近は概ね満足しています。

さて、今回はおまけでヒールについてちょっと考察してみました。

ご存知のようにウォーデンのヒールスペルは全てHOT(Heal Over Timeだっけ?)なので、瞬間的にヘイトが上昇して跳ねる危険性が低い、という利点があります。おかげでどんなにラフなヒールワークをしても、よほどMTが手を抜いてない限りMobがこちらにゾッコンとかいうメロウな状況にはなりにくい。これは間違いなくHOTの良い所です。
ですがこのことを裏返せば、瞬間的なヒール量が少ないので、Namedのような強敵がダメージアーツやDDをたたみ掛けてきたときにMTがもたない可能性がある、ということにつながります。

参考までに現在使用しているHOTの仕様を以下にまとめました
(初級 I のデータですので実際はもう少し回復量があります)

単体HOT① ----- 中回復後ジワジワ型
 ・ 150-183(即時) + 25-30(1秒間隔×6)
  = MAX363(6秒間)

単体HOT② ----- 大回復後ジワジワ型
 ・ 260-318(即時) + 33-41(2秒間隔×5)
  = MAX523(10秒間)

単体HOT③ ----- コンスタントに中回復型
 ・ 166-203(即時) + 166-203(2秒間隔×5)
  = MAX1218(10秒間)

グループHOT① ----- 大回復後ジワジワ型
 ・ 271-331(即時) + 46-56(1秒間隔×6)
  = MAX667(6秒間)

グループHOT② ----- コンスタントに中回復型
 ・ 178-217(即時) + 178-217(2秒間隔×5)
  = MAX1302(10秒間)

(この他にもリキャストの異常に長い緊急用グループHOTがありますが割愛)

翻って、例えばピュアヒーラーであるテンプラーのヒールスペルを見てみると、以下のような感じでした。

 ・ 453-554(即時)
 ・ 557-681(即時)
 ・ 166-203(リアクティブ×5) = MAX1015
 ・ グループ502-614(即時)
 ・ グループ178-217(リアクティブ×9) = MAX1953

あまり変らないじゃん?とか思っちゃいけません。確かに単純に回復量だけを足し合わせば同程度に見えますが、何度もいうように問題は時間当たりの回復量なのです。テンプラーの回復呪文は即座に全ての効果が発揮されるインスタンスヒールと攻撃を受けるごとに発動するリアクティブヒールがあり、これらを全力で唱えた場合、その瞬間的な回復量は当然HOTの比ではありません。
試しに43LVのウォーデンとテンプラーが1分間にどのぐらいヒールできるか計算してみましょう。まずウォーデンの場合、前述のスペルを休みなく効率的に唱えたとすると、詠唱時間や効果時間、クールダウンを考慮して1分間に約7241ポイント回復できることが分かりました。これはつまるところMobのDPSが7241を上回っている場合はどう頑張ってもMTはジリ貧ということです。

Eq20807262

翻ってテンプラーはというと、単純に1分を詠唱時間とクールダウンを足したもので割って回復量を求めていくと、13707ポイント・・・・・ちょっと計算がいい加減すぎますかね。リアクティブヒールが1分間に2詠唱分しか発動しないと仮定すれば8632ポイント。まあこんなところでしょうか。
テンプラーにはこの他にも攻撃がヒットすると回復するというウハウハなBuffがあったりするで、総合的なヒールパワーはウォーデンよりずっと高いと思われます。

長々と力説して結局何が言いたいのかといえば、ウォーデンはどちらかというと瞬発力のないヒーラーだということ。ただし悪いことばかりではなくて、その分、パワー効率は最高に良いと思います。ある程度連戦をしても、グループHOTを連打しない限り、パワーが尽きることはあまりありません。陸上選手で例えるなら短距離走者ではなくマラソン選手系ってことですかね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

EQライフ再開

少し前からEQ2に復帰しています。
と言ってもキャラクタは新しく作りました。以前遊んでいたブリガンド君も残ってはいるのですが、例によって寝る前の1時間程度しかできないので、あのレベルではちとキツイのです。

今回はプレイスタイルとして「小グループ」をメインに考えています。EQ2はMMOですので、どちらかというとフルグループで遊ぶことを基本にデザインされているわけですが、野良で人を集めるには時間がかかるし、好きなときに止めることもできません。いや、外国の方のように途中で容赦なく抜けるというのも個人的にはアリだと思うんですけどね。そういう遊び方に寛容な風潮でもない(気がする)ので仕方ないところ。
というわけで基本は内輪でどこまで遊べるか、をテーマにやっていこうかと思っています。メインメンバーは自分を入れて3人。そうなるとクラスの組み合わせは自然と決まってしまうもので、間違ってもバーサーカー、シャドウナイト、モンクとかそういうことにはなりません。(ちょっとやってみたい気もしますけど)
この手のゲームにおいて、基本のグループ構成といえば、やはりファイター、クレリック、マジシャンでしょう。MMO的に言い換えれば、タンク、ヒーラー、アタッカーです。これ以外の組み合わせでも出来なくはないでしょうけど、効率は悪いと思われます。
担当ですが、タンクはやりたくてウズウズしてる方がいたのでお任せすることとして、自分はヒーラーをやることにしました。もう一人はウィザードを既に育てていたし、自分は500年前にもヒーラーをやっていて、わりと性に合ってたので。

さてEQ2ではヒーラーといっても、さらにいくつかの選択肢があります。ピュアヒーラーであるクレリック系(テンプラー、インクイジター)、BufferやDebufferもこなせるシャーマン系(ミスティック、デファイラー)、移動補助や攻撃力もそこそこあるドルイド系(ウォーデン、フューリー)。役割分担という言葉が異常に好きな自分としては専門職的なクレリックが魅力的だったのですが、小グループではピュア過ぎてつぶしが利かないのも良くない気がしたので、ハイブリッドなドルイドを選択しました。移動力が高いので目的地への所要時間が短くて済むというのも自分たちに合ってる気がしたのです。

Eq20806221_2

というわけでこうなりました。こんにちは。
基本はバーバリアンのむさいおっさんですが、ドルイドと言えばオオカミ。いつもはこの姿です。真の姿に戻るのは死んだときだけです。むさいから。

レベルは昨日30に到達しました。ここまでは早いんですよね、このゲーム。
使用感ですが、正直なところ辛いです。なんせ前回がアタッカーだったので攻撃力のあまりの無さにイライラしてしまうのです。あとなんといってもインビジビリティが使えないのが痛い。攻撃力のなさもあいまってソロではなんもできません。常にタンクとセットでないと行動できないというのは予想以上のストレスです。500年前もそうだったんですけど、あのときはまだ時間があったので野良でもグループ組めたのが良かったんでしょうね。
ただ、装備やスペルのランクをしっかり上げてないのも問題だと自覚しています。このあたりを改善すればきっとマシになるんでしょう。たぶん(希望的観測)。お金と時間があればすぐにでも処置したいのですが、これがなかなか。。。
ちなみにアチーブメントの成長方針としてはまずSTR、ついでWISという、恐らく一般にはあまりやられない取り方をしています。クレリックのミリーなんていらんだろう、と思われるかもしれませんが、ウォーデンのSTRパスは極めると攻撃ヒットごとに一定確率でグループヒールするので、割と貢献できるのではと期待しているのです。まあAA取り直すのは簡単なので、意味なさそうなら変える予定。

それとグループプレイですが、今はモンク、ウィザード、ウォーデンというメンバーでやっています。バランスは悪くないと思うのですが、グループインビジが使えないのが若干残念なところ。といっても私がカメレオンのトーテム使えば済むことか。
戦闘も3人の割りにそこそこやれてる方だと思います。あえて問題点をあげるなら、モンクのタウントコントロールに若干の不安があるところと、私のHOTが心なしかタイミング遅くていつもタンクが死にかけることぐらいでしょうか。やっぱメインヒーラーのスペルランクが「初級I」とかありえないってことですかね?でもまあ今のところ緑~青のヒロイック相手なら問題ありません。ぶっちゃけかなり楽しいです。これがいつまで続けられるか、というのが今回のテーマになるんでしょうね。戦闘の難易度という意味で3人の限界があるかもしれませんし、時間的に1時間では話が進まなくなる可能性もあります。DDOなんかも後半3,4時間やらないと終わらないクエストとかありましたし。洋ゲーにはありがちなことです。
まあ行けるところまで遊んで、行き詰ったらそのとき考えようかと思っています。

目下のところの問題はHOTの初級Iをどうやってランクアップさせるか。誰か融資して下さい。返済は出世払いでお願いします(<またか)。

 

| | Comments (15)

今までありがとうございました

Eq0707151
 
本日をもってEQ2を引退しました。
今まで一緒に遊んでくれた方々に感謝です。

思えばMMO黎明期のタイトルから遊ぶことができて、自分は本当にラッキーでしたね。それが当たり前になってしまう前の、みんなで新しい体験を共有している、というドキドキ感を(短い間でしたが)味わうことができました。あれは本当に楽しかった。今はもう巷にはMMO形式のゲームがあふれていて、遊んでいる人ももう慣れっこで、良くも悪くも落ち着いてしまいましたが、また新しいカタチのネットゲームが登場したときは、なるべく早い時期に挑戦して黎明期の混沌とした雰囲気や手探り感を楽しめたらいいなと思っています。

引退するにあたって、このBlogをどうするかちょっと悩んだのですが、とりあえずタイトルを変えて続けることにしました。
どんなに忙しくなってもゲームをまったくしなくなることは恐らくないと思うし、日常生活以外の趣味的な話をチマチマと書く場所として使いたいと思います。まあ忘れたころに更新される亀サイトなのは変わらないと思いますが・・・。

それではこれからもよろしくです。

| | Comments (7) | TrackBack (0)