« 【告知】 5月ボードゲームの会 | Main | 【告知】 来週のボドゲ会について »

『ナショナルエコノミー』

前回お知らせしたボドゲ会ですが、5/28(日)開催となりました。

参加者は私を入れて5名の予定で、10時頃にJR中野駅に来てもらえればお迎えに上がります。場所をご存知の方は好きな時間に来ていただいても結構です。終わりの時間も特に決めてません。18時ぐらいまではやってるかもですが、 ご都合に合わせて途中で抜けていただく等、ご自由にして下されば幸い。
お昼ご飯はすみませんが前回同様、持ち込みしてもらって、ゲームをしながら食べる英国紳士スタイルでよろしくお願いいたします。なーんて書いてたら大使館からクレームが来ちゃいますかね!(※きません)
あ、あとお酒も持ち込みOKで。ぶっちゃけ超てきとうです。
 
肝心のボードゲームですが、私からはとりあえず希望のあった「デッド・オブ・ウィンター」を持っていきます。それ以外は未定ですが、「ゾンビサイド」「オー・マイ・グーッズ!」「ナショナルエコノミー」「パンデミック」あたりがいいかなと考えてます。「マンション・オブ・マッドネス」を大人数でやるというのもちょっと惹かれますが、人数が多いのでダウンタイムが長いものはイマイチですかね。何かリクエストがあったらご連絡下さい。
 
話が変わりますが自分は最近、上で挙げた「ナショナルエコノミー」のソリティアにはまってます。無理に一人でやっているのではなく、このゲームには元から一人モードがあって、これが非常に楽しいのです。今まで色々なボードゲームのソロを試して来ましたが、これほどガチで頭を使うものは久しぶり。何が良いって、勝ち筋を見つけるのが難しいんです。普通、ボードゲームというのは割と簡略化されてて、「ここはこうするのが最善手」という定石がある程度わかるものなんですが、このナショナルエコノミーはそれが見つけ辛い。基本的なメカニクスはワーカプレイスメントで、自分の手番でできることは労働者(ワーカ)を施設に置く(プレイス)ことだけなので、そこは分かりやすいんです。労働者が二人なら、どこか二つの施設にそれぞれ派遣したら終わりです。でも、それらワーカがどんな効果をもたらすかは派遣した施設によるわけで、そこにはゲーム的なジレンマを含む多種多様な「機能」が書かれているのです。大雑把に言えば、たった二人の労働者を施設に派遣するという行為だけでも場に出ている施設の種類^2通りの手が考えられるということ。施設は最終的に20種近くになることもあり、労働者の数も最大6人まで増えちゃいます。ゾンビサイドが自分のコマを3回アクションさせるのにそれぞれ「移動」「攻撃」「探索」ぐらいしか選択肢がなかったことと比べると如何に考える余地が多いか分かってもらえるのでは。結局のところ、この膨大な選択肢から最善手を見つけていく過程が面白いのだろうなあと思ってます。そしてこのゲームでは労働者ひとりひとりにしっかり賃金を払う必要があるのですが、収支とのバランスがシビアに設定されているのもグッド。無策だと確実に破綻します。最初から明確な戦略を持って進めていかないと立ち行かないという難易度にシビレました。
 
というわけで、まだ数回しか遊んでませんが、ひとまずこれまでに分かったことを書いておこうと思います。例によって誰得だよという話ですが、まあ備忘録ってことにしておいて下さい。
 
基本方針として、序盤1〜4ラウンドは最終的に雇う「労働者の数」×5$の分だけ「家計」を増やすべく、施設を建ててわざと売却する期間に当て、その後の5〜9ラウンドで勝利点を貯めるという方針でやってます。キモはどの施設を建てて(売って)いくかなんですが・・・やっているうちに分かったのは各施設に書かれている「機能」を大別するとおおよそ次の4タイプあるということ。
 
① 手札を増やすもの
② 建設コストを下げるもの
③ お金をもらうもの
④ 勝利点を増やすもの
 
これら4タイプの施設をバランスよく建設することがポイントなんじゃないかなって思います。
以下、それぞれ簡単に説明をば。
 
 
Img_1737
① 手札を増やすもの
 上の画像のものは、手札を増やす効果のある施設です。左上に数字のないカードは建設しなくても勝手に出てくる公共施設。手札は建設するときの資材にもなるので、効率良く手札が増える施設が序盤から欲しいところ。早いラウンドで「焼畑」が出ると嬉しいですね。あと個人的には「大農場」と「自動車工場」のコンボがお気に入りです。
 
Fullsizerender_3
② 建設コストを下げるもの
 建設ありきのゲームなのでコストダウンは重要です。できるだけ早く「大工」から卒業することが勝利の道と思ってます(今のところ)。これらのカードは勝利点(カードの最下部に記載された数字)が建設コストに対して低いため、序盤に「家計」を増やす、つまり売却すること前提に建てる施設としてもよいように思っていますが、どうでしょう。運次第になりますが、手札に農業系が多く来るようなら「開拓民」が美味しいです。早めに「ゼネコン」が建つともっと楽。最終的には「二胡市建設」を狙いたいですが、手が届かない時が多いかな。
 
Fullsizerender_2
③ お金をもらうもの
 労働者に支払うお金を稼ぐ施設です。序盤1〜4ラウンドぐらいは不要と思ってます。「家計」にお金が溜まってないと意味がないし、むしろ積極的に施設を売却してお金を作る方が重要。とはいえ後半は勝利点を稼ぐため自分の施設は売りたくない。そこで、これらの稼ぎ手段を活用することになります。公共の施設がいっぱいありますが、基本「捨てる手札の枚数」×6$で固定。「レストラン」の方が捨てる手札に対する利率は圧倒的に良いのですが、終盤は15$では賄いきれない可能性が高いし、公共施設と併用すると2手必要になってしまうので、今のところ無理に建てなくてよいように思ってます。

Fullsizerender

④ 勝利点を増やすもの
 これが重要です。たぶん、こいつらを無視するとギリギリ100点に届かないよう調整されている気がします。100というのはマニュアルに書かれている合格点で、正直かなり厳しい数字です。早い段階で上の画像にある7種類(実際には5種かな)のどのカードを軸にして勝利点をとっていくかを決め、そして9ラウンド終了時までにそのカードをしっかり建設することがこのゲーム最大の見せ場ではないでしょうか。ちなみに、これまでの自分の最高得点は75点。ふー、やりがいのあるゲームだ・・・(遠い目)。
 
というわけで、簡単にご紹介&分析してみました。自分と同じようなボドゲソリストの参考になれば幸いです!
 

|

« 【告知】 5月ボードゲームの会 | Main | 【告知】 来週のボドゲ会について »

Comments

ソロのWEB版を見つけたのでやってみたぜ。やっと100超えた。家計と資産が最初わからんかった。

Posted by: S | May 16, 2017 at 22:30

Web版なんてあるのか(笑)ソロだけ?
結構面白いよね。運要素がやや強いけど。

Posted by: 通りすがりの管理人 | May 16, 2017 at 23:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45764/65278748

Listed below are links to weblogs that reference 『ナショナルエコノミー』:

« 【告知】 5月ボードゲームの会 | Main | 【告知】 来週のボドゲ会について »