« RED BULL AIR RACE 世界大会2015 in 千葉 | Main | 『ベイマックス』 »

『そして父になる』

某レンタルショップの会員更新をしたら何か一つ借りられるというので表題の作品を選んでみました。福山雅治さん主演の邦画。産院で赤子の取り違えが起きたことに6年経ってから知らされた、とある夫婦と子供のお話です。

たまには考えさせられる作品をと思って借りたのですが、何にも考えられなかったですね。

最初から最後まで、ひたすら観ていて辛い映画でした。
 
親たちも辛いんだけど、当たり前ですが、取り違えられた子供たちが一番可哀そう。
出演者たちの演技が非常にあっさりしていて、そんな冷静でいられるものだろうか?と激しく疑問に感じることが多々ありましたが、恐らく敢えてそういう演出をしてるのだろうと私は解釈しました。
現実には親は仕事や家事をまともにできないぐらいショックを受けるだろうし、子供も少なからず精神不安定になるでしょう。
中盤から、練習と称して子供を一次的に交換するシーンがあるのですが、6歳ともなれば状況はもうかなり理解できるし、もっと泣き叫ぶような事態が起きても不思議ではないはず。
でも、そういったドロドロ感を演出するのはこの監督の表現したいことではなかったようです。正直ほっとしました。あのシチュエーションだけで既にいろいろ想像して胃が重くなってしまう私としては、子供が悲しむシーンを直に観るのは耐えがたい。
 
この映画では主人公の家族と、取り違えられた相手方の家族のどちらも描かれます。エリート家庭と場末の電気屋ということで、多少ステレオタイプな設定だなとは思うものの、家ごとの家風?の違いがみれるところはやはり興味深かったですね。他人の家の一家団欒とか、他の父親が普段どう子供と接しているのかなんて、現実にはほとんど分かりませんから。
自分と同じようなことをやってるなと思うところもあれば、自分はここまでできない、自分ならこうしてやるのに、といったことを考えながらみれるのはなかなか新鮮です。
ただ、リリー・フランキー(役名失念)が主人公に「子供にはこう接しなきゃ・・・」みたいに説教くさいことを言うところは少し不快でしたね。
個人的には主人公の「いろいろな父親像があっていいんじゃないですか」という台詞に共感します。というよりも、ここがこの映画の核心だと思うのですが、「父親とはこうでなくてはならない」という画一的な価値観に囚われていてはむしろ本当の意味で父親になれない、というのがこの映画の主題なのではと感じました。
 
子供にとって、自分の父親が理想的な父親かどうかは大して意味のないことなんじゃないでしょうか。だって、結局のところ、親は選べないのです。極論ではありますが、どんな父親であろうとも受け入れるしかない。同様に、親も子供を無条件で受け入れるしかないです。自分がどう振る舞えば良い父親になれるかなんて考えても仕方がないことのように思えます。
福山雅治が最後にたどりついた心情は、ただ子供に素の自分をさらけ出すこと、だった。どちらの子供にか?それは実際に観てみて下さい。
正直、どちらの道を選んでも、茨の道だと思いました。この世には、知らない方が良いことというのが間違いなくあるのだな・・・、というのがこの映画をみた素直な感想です。
 
なお、赤子の取り違えというのは本当にあってはならないことだと思いますが、万が一、取り違えが発覚した場合、育てた子供をそのまま引き取るか、それとも血の繋がりを重視して子供を取り換えるかの判断は、現実には100%取り換える方を選択しているという台詞が作中にあり、本当かいなと思ってしまいました。そりゃ子供がまだ小さい頃であればあまり抵抗がなさそうですけどね。この映画のような歳だった場合、自分にはどちらかを選択できる自信などありません。いっそ、二世帯住宅を建てて一緒に住むとかどうだろう・・・・なんて非現実的なことを考えて逃避してしまいそうです。
 
最後にひとつ、この映画の良かったところ。それはどちらの子供もそれぞれ魅力的に描かれていたところです。取り違えは子供には罪がないので、どちらの子供の方が良いとか悪いとか、そういった判断を観客にさせてしまうような演出はして欲しくないなと観る前に思っていましたが、そこはとてもフェアな描き方でこれまたほっとしました。
 

|

« RED BULL AIR RACE 世界大会2015 in 千葉 | Main | 『ベイマックス』 »

Comments

飛行機の中で観た記憶あり。沖縄の実話を元にしたお話っぽいですよ。葛藤はもちろんあるけど、実子と取替えを選択すると思う。

Posted by: S | June 09, 2015 at 23:02

うーん、そうか。一般的にはそうなのかもしれないな。
血か・・・。確かに、子に自分と似たところを見つけたときに親として湧きあがるあの気持ちは理屈じゃないなとは思うんだけどね。
でもそれでも、子供にとってはどうなんだろうと思ってしまう。本当のご両親と暮らせるのだから良いじゃないかというのは大人の物の考え方であって、血が繋がっている方が良いんだって理屈は理解できんじゃろう。捨てられたという気持ちがその子の心を屈折させてしまうのではと思うとやはり自分は割り切れないと思うわ。
なんにしても、異常な事態だよね。本当にあってはならない状況だと思う。なんかね、「冷たい方程式」を思い出すんだよな。作為的な悲劇というか、強い理不尽さを感じる。自然には絶対に起こり得ないことだから。こういう話には、ぶつけどころのない憤りを感じてしまうよ。

Posted by: 通りすがりの管理人 | June 10, 2015 at 22:54

事故か故意か原因はともかく、知ってしまったなら本来あるべき姿に戻すしか無いと思うんだよ。幼い子供には全く理解できない話だろうし、理不尽な話なんだけど、異常な状態を維持できるほど大人も強くはいられない、というか。義理の親子関係だってあるし、血縁が必ずしも重要と思わないけれど、取り替えないことが子供にとって良いことか判断できない。もう少し成長して事実を知ったときに屈折するかもしれない。両親が実の子供で無いと知って、愛情を注げなくなるかもしれない。いろんな不安を抱えたら縋るものが必要になって、取替えを選択するんじゃなかろうかと。子供から見れば、親の自己満足でしかないかもしれない。まあ、どちらを選択しても愛があれば、なんとかクリアできるんじゃないかな、とは思う。

Posted by: S | June 11, 2015 at 00:14

そうな、長期的な観点から子供にとってどちらが良いかを考えるのは大切だな。たとえ一時的に辛い思いをしたとしても大人になってからあれで良かったのだと思えるようにしてあげられればいい。そうなるように、お互いの親も頑張るんだろうな。
本来あるべき姿にする、というのは自己満足だけでない意義があるはずなので、確かに元に戻すべき一つの根拠なんだと思う。納得した。

Posted by: 通りすがりの管理人 | June 12, 2015 at 07:51

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45764/61633680

Listed below are links to weblogs that reference 『そして父になる』:

« RED BULL AIR RACE 世界大会2015 in 千葉 | Main | 『ベイマックス』 »