« パーフェクト | Main | RED BULL AIR RACE 世界大会2015 in 千葉 »

『Wizrogue』がやばい

課金スマホゲーでもたまには尖ったゲームがないのかなと思いダウンロードしてみたら、あまりに尖り過ぎてて笑いました。

ちなみに説明するのも野暮ですが、「Wizardry」+「Rogue」=「Wizrogue」です。

(2015/3/29追記)

 
マゾい。とにかくマゾいです。
ドMを自認する私ですら、「これはシンドイ」と夜中に乾いた笑いを漏らしてしまうほどマゾいです。
 
リリースからずいぶん経ってますし、あちこちで書かれていると思うので詳しくは書きませんが、とにかくやってて気持ち良いと思わされる瞬間がほとんどありません。スマホゲームなんて、何も考えずにプレイしても最初はどんどん先に進めて、「なにこれやらされゲー?」なんて思いながらも惰性でやってしまって気が付いたら課金してた、という流れに持ち込むのが常套手段じゃなかったんですかね。下手するとものの数分で全滅したり、そのあと街で蘇生に失敗して灰になったりロストしたりって時代に逆行し過ぎです。Wizardryだからこんなもんでしょって笑って済ませられるのはごく一部でしょう。当時でもマゾかった序盤のバランスをスマホゲーに持ち込むのはあまりにチャレンジング。しかもそこを抜けだしても大して楽にならないという(笑)
 

いや、良いところもいっぱいあるんですよ。

音楽は重厚で情緒があるし、昨今オフゲーで流行っているミニチュアゲームをモチーフにした世界観とか、末弥純のグラフィックとか、著作権的にギリギリな呪文の表記とか。
往年のファンに対する訴求力はやっぱり半端ないと思います。
ある程度、嗜好が被っているであろうローグ系RPGのファンも取り込もうという意図も基本的には間違っていないように思います。
 
だからこそ、というか、この出来は残念以外に表現のしようがないです。とにかく勿体ない。ほんと、勿体ない。それに尽きます。ぶっちゃけそれだけが言いたくて書いてます(笑)
面白くなりそうな要素がこれでもかと詰まってるのに、なんでこうなっちゃうのか。いや、これ、今からでも遅くないのでシステムをリファインして続けて欲しいですよ。そういう意味では心から応援してます。タイトーさん相当お金かけてるみたいだし、いや~コケちゃいましたじゃ済まないでしょ。
 
とりあえず自分が考える改善策をいくつか。
 
 ・ 3階まで潜ったら出口というのはローグ系として短すぎる
  スタミナは1階降りるごとに消費するようにして階層を増やすべき
  街に帰るには来た道を戻るか、ロクトフェイト(使用すると忘れる)
  のみとして緊張感を維持
 
 ・ その場で拾ったアイテムを駆使して切り抜ける楽しさがない
   アイテムの種類をもっと増やして、ドロップ率を上げる
   聖水だけじゃなく部屋にもっといろいろ落ちてて良い
   特に、武器防具が少な過ぎ
 
 ・ 一人が魔法を唱えたらそれだけで1ターン経過はローグ的に辛い
  個別指示は全員指示し終わったら1ターン経過にして欲しい
  今のままでは序盤の魔法使いはただのお荷物
 
 ・ 課金ゲーにするならお金をかけたら報われる仕様にすべき
  具体的には課金ガチャはもっとレア確率UPした方が良い
  (2万円投入してレア一人とかって話は酷過ぎる)
 
 ・ 男性キャラしか実装されていないのはなんとかして下さい
  いつまでも野郎6人パーティとか、むさ過ぎます
  (特殊キャラでやっと出たけど一般的に出て欲しい)
 
 
ここ数週間でかなりバランスが緩和されてきてますけど、まだまだスマホゲーとしてはありえないぐらいマゾいと思うので、タイトーさん(下請けさん)よろしくお願いします。
 
(追記)
一番書きたかったことを忘れてました。
 
最後に現状のシステムでもできるプレイモチベーションUP術を伝授しておきます。
やり方はとっても簡単。
 
『キャラクタに実在する知り合いの名前をつける』
 
これだけです。Wizrogueではキャラクタの名前を自由に変更することができます。ほとんどの方は面倒くさいのでデフォルト名をそのまま使うと思いますが、敢えてそれを知り合いの名前に変更しましょう。漢字も使えます。くだらないと思われるかもしれませんが、実際につけてみるとこれが不思議、無個性だったキャラクタがとたんに色を帯びてきます。自分の中でキャラクタに性格や背景が追加されるというか。マゾいゲームだからこそ、知り合いの名前だと緊張感が増してドラマが生まれるのです。主にキャラクタが何かの判定に失敗したとき(重要な局面での攻撃、罠解除、アイテム鑑定など)普通なら単にイラっとして終わりですが、知り合いが失敗したかと思うと不思議と許せたりするんです。「おーい○○さん頼むよ~(苦笑)」みたいな。死ぬか生きるかの瀬戸際になると、よりドキドキ感が増します。社会人の方はぜひ職場の人の名前をつけましょう。上司や女性の同僚などの名前もいろいろドラマが妄想できて笑えるかもしれません。
 
以上、世界観を大切にしたい方にはお勧めしませんが、世知辛いゲームだからこそ、笑い、もとい緊張感を高めてプレイのモチベーションをUPしてみてはいかがでしょうか。そんなことをやってるうちに、大型アップデートが来て、気が付いたらまったり遊べるゲームになってるといいですね(<遠い目)。

|

« パーフェクト | Main | RED BULL AIR RACE 世界大会2015 in 千葉 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45764/61353288

Listed below are links to weblogs that reference 『Wizrogue』がやばい:

« パーフェクト | Main | RED BULL AIR RACE 世界大会2015 in 千葉 »