« 『アーカム・ホラー攻略日記5』 | Main | 年の瀬の近状報告2014 »

『アーカム・ホラー攻略日記6』

我ながらよく続くなと思うアーカム日記。やっとこさプレイレポート編です。

まずはMandy Thompsonで三戦しました。その結果をお伝えしようと思います。
 
 
 
第一戦目。忘年会から帰宅した後、無性にやりたくなり軽く酔った状態でプレイ。
結果からお伝えすると惜しくも最終決戦直前に異世界R'lyehで正気を失い、Lost in time and space に飛ばされ、ヨグ=ソトースに喰われました。(<ヨグ様の特殊能力)
 
負けはしましたが実はこの時が今のところ一番、調子が良かったです。
初期の所持品が「ランタン(Luck+1)」「バトルウィップ(片手+1物理武器)」「IBN-GHAZIの力(両手+9魔法武器(消耗品)」そして「スキルSneak+1」とまあまあの内容。かつ、クルートークンの出が良く(ゲートのない場所に発生)、無駄なくトークンを回収しつつ出現頻度の高いゲートから封印していくことができました。
 
さらに幸運なことに、Mythosカードの効果でBlessがつき(Luckチェックなので余裕)、そのうえ歴史協会で「森へ行って遭遇カードを2つ引き、1つを選んで処理する」という微妙なイベントが発生するも、結果的にそこでギャング団からショットガンをゲット。
この時点で封印したゲート4つ。閉じたゲート2つ。つまりゲートトロフィーを6つ持ってる状態でした。
 
今考えると、もう後は無難に立ち回って最終決戦に持ち込めば良かったものを、「封印エンド」という甘い誘惑に惑わされ、また手元にゲートを無条件で閉じられるUniqueItemがあったことから、Unvisited Isle (オープン頻度の高い場所)に開いた R'lyehに無謀にも特攻してしまい、前述の末路をたどりました。
 
 
第二戦目。あまり詳細を覚えてないですが、とりあえず散々な内容でした。開幕直後、エルダーサインを買いに骨董品屋に寄ったら、Mythosイベントで店の隣に星の精とガグが放たれ身動きがとれなくなり、一か八かでスニークしたところ見事に見つかって病院送りという最悪な立ち上がり。一瞬、最初からやり直そうかとも思いましたが、まあ、練習の意味合いも込めて続行したところ、良いところなしでヨグ様が覚醒後、即死でした。
 
 
で、第三戦目。いちおう初勝利しました。が、内容は一戦目よりもかなり悪く、最終決戦時の状態は、所持品が「ショットガン」「デリンジャー」「衰弱(魔法)」「スキルSneak+1」「スキルLoreチェックre-roll」、祝福なし、ゲートトロフィー2つという酷いありさま。封印は一つしかできておらず、中盤に発生したRumor(噂)の効果で恐ろしい勢いで破滅トラックが進み、何の準備もできない間に最終決戦へ突入した感じです。直前に雑貨屋に駆け込んだところ、幸運にもショットガンが手に入ったため、それだけを頼りに戦う羽目になりました。もうほとんど勝ち目がないと思い、手持ちのクルートークン5つを全て使い、適当にダイスを振ったところ、なんと6,6,6,5,5という目が出て(もちろん特殊能力の振り直し込みで)一ターンに8ポイント減らしたことで俄然やる気がでまして、その後、毎ターン、ダイス2個(振り直しあり)の攻撃で4ターンかけて残りの4ポイントを削り、辛くも勝利しました。Willのステータスは2だったので、4ターン目は無条件にトロフィーを奪われたものの、それ以外は全てダイスチェックで回避できたことも幸運でした。
 
というわけで、「探索者一人でヨグ=ソトースに勝利する」という目的を達成したといえば達成したのですが、内容的に「運で勝ちました」以外の何物でもないので、もう少し安定した攻略法を考察していきたいと思います。
 
自分への備忘録として今回のプレイで分かったことを以下に箇条書きしておきます。
 
 ・ほとんど間を空けずに異世界に飛び込むべし
  (特定の「場所」に籠るとかやってる場合じゃなかった)
 ・クルートークンが5つ以上なら最頻出の4つの「場所」のゲートへ
 ・クルートークンが4つ以下なら、頻度の低い「場所」のゲートへ
 ・クルートークンは2つ以上溜まっているところだけ取りに行く
 ・封印は最頻出の4つの「場所」以外は無理しないでOK
 ・初期所持品に武器がない場合、1ターン目に雑貨屋もアリ
 ・運よくモンスタートロフィー貯まったら即教会で祝福ゲット
 ・R'lyehダメ。ゼッタイ。
 ・もう覚醒が避けられないと判断したら、クルートークンをできるだけ貯め込む
 
思うに最後のが一番重要かと思います。
(いっそ最初から封印あきらめてクルートークン全貯めでも良いんじゃ・・・?)
 
ちなみにMandy女史の使用感ですが、初期所持金が6$と、金策せずに強力な武器が買える点、最初からクルートークンを4つ持ってて開始2ターン目に確実に異世界に飛びこめる点、移動力が4とそこそこある点、そしてもちろん素アーカム最強の特殊能力(ダイス振り直し)などはやはり非常に有用だと思いました。
 
反面、意外と辛いと思ったのが、異世界ではLuckが重視されがちなのですが、Luckに全振りしてしまうと、アーカム帰還後にゲートを閉じるとき、Loreを増やすスライドが間に合わないところ。Fightは全振りしても3なので、-2以上のクローズ修正があるゲートでは、ヨグ=ソトースの特殊能力(ゲートのクローズチェックに必要な成功値が2になる)を勘案すると通常は閉じることもできないんですよね。
 
ちなみに、Loreを全振りしても4なので、クローズ修正が-3であるR'lyehは、クルートークンを使わない限りやっぱり閉じられません。ヨグ様の能力おそるべし。
 
以上のことから、異世界でもLuckを低く抑えておくことになって、せっかくのダイス振り直し能力もあまり効果が薄いなと。スキルでFightが+1されたりすると楽なんですけどねー。
 
さておき、上の備忘録も参考にあと何回かチャレンジしてみたいと思います。

|

« 『アーカム・ホラー攻略日記5』 | Main | 年の瀬の近状報告2014 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45764/60887356

Listed below are links to weblogs that reference 『アーカム・ホラー攻略日記6』:

« 『アーカム・ホラー攻略日記5』 | Main | 年の瀬の近状報告2014 »