« 『アーカム・ホラー攻略日記2』 | Main | 『アーカム・ホラー攻略日記4』 »

『アーカム・ホラー攻略日記3』

ずいぶん間が空きましたが、みなさん気になっているであろう攻略日記の続きです。

おまたせしました!

(※誰もまってません)
 
今回から数回に渡って、アーカム・ホラーの基礎データを掲載していきます。
 
今更ですが、何が起こるか分からないドキドキ感を楽しみたいという方はこれ以上読まないで下さい。カードの内訳などを知った上で遊ぶと、より無機質な確率パズルっぽくなってしまう為、TRPGの延長上として純粋にクトゥルフ神話のウェットな風味を楽しみたい方は見ない方が吉です。
 
 
データ集の第一弾は「ゲート」について。
 
前も書きましたが、ゲートはモンスターをアーカム市に呼び込む門であり、また、新たに開く度にエンシェント・ワンの目覚めが近くなります。
ゲートが開いてしまうことは、基本的に探索者にとってマイナスです。
 
ゲートが開くことを防ぐには、「クルートークン5つ」か「エルダーサイン」を使ってゲートの開く場所を「封印」をするしかありません。逆に、一度「封印」された場所には二度とゲートが開かず、仮に封印された場所にゲートが開く指示があった場合それは無視されるため、そのターンはなんの脅威も増えません。よって封印をすればするほど探索者側が飛躍的に有利になっていきます。
 
ゲートが開く場所は、毎ターンの神話フェーズに一枚引く「神話カード」に記載されています。
ゲートが開く可能性のある場所は全部で11箇所ですが、ポイントなのは、これら11箇所にゲートが開く確率が均等ではない、ということです。
 
単純に神話カードの内訳を集計してみましょう。
全66枚の内、シャッフルを指示する特殊な一枚を除いた65枚のカードから出現頻度をまとめると、大きく3つのグループに分けられます。
 
 
まずは最も頻度の低い場所(グループA)から。それぞれ65枚中に2枚ずつしか入っていません。引く確率はそれぞれおおよそ 3%です。
 
 ・Science Building(ミスカトニック大学の理学部棟) (12%)
 ・Hibb's Roadhouse(ヒブの酒場) (8%)
 ・Historical Society(歴史協会) (12%)
 ・Silver Twilight Lodge(銀の黄昏教団) (3%)
 (※末尾のパーセンテージの意味は後述しますので今は無視してください)
 
 
次に出現頻度の高い場所(グループB)。65枚中6枚ずつです。確率はおおよそ 9%
 
 ・Black Cave(黒い洞窟) (15%)
 ・Graveyard(墓場) (3%)
 ・The Unnamable(名状しがたき場所) (14%)
 
 
最後に、もっとも出現頻度の高いところ(グループC)は以下。65枚中10枚ずつ入ってます。確率は実に 15%ずつなので、半分以上の確率でこの四か所のどこかにゲートが開く可能性があります。
 
 ・The Witch House (魔女の家) (2%)
 ・Independence Square(独立記念公園) (6%)
 ・Woods(森) (9%)
 ・Unvisited Isle(人の訪れない島) (8%)
 
逆に言えば、この四か所をすべて「封印」できれば、毎ターン6割程度の確率で神話フェーズに新たなゲートが開くことを防げる、ということになります。
 
ちなみに、上記の11箇所は、クルートークンが現れる可能性もある場所だったりします。その確率が、末尾のパーセンテージです。最も頻度が高いのが Black Cave の 15%、次点で The Unnamableの 14%、Science Building と historical Societyの 12% が続きます。
 
ゲートと同じく、神話カードにクルートークンを置く場所が記載されているのですが、もしその指示された場所に既にゲートが開いていると、クルートークンは置かれません。つまりゲートを「封印」するためのリソースがそれだけ目減りすることを意味します。
 
個人的に、これはゲートが開く頻度と同じぐらい重要な要素だと思っています。
例えば Science Building と Historical Society はゲートの出現頻度が低く、かつ、クルートークンが出現し易い場所。つまりクルートークンが溜まり易い場所です。特に前者は、トロフィーとクルートークンを交換できる特殊なイベントも行えることも考えると、万が一、ゲートが開いた場合は優先して対処すべきと考えます。余裕があれば「封印」したいですが、ゲーム中最大でも2回しか開かないことを考えると、ただ閉じるだけでも良いかもしれません。
 
 
以上、実際には開いたゲートの先(Other World)によって「封印」するときの難易度が異なったりするため、単純な確率論だけで優先順位は決められないと思いますが、上記のデータを知っていると作戦が練りやすいのではないでしょうか。
 
 
次回は、各「場所」のイベント傾向について見ていく予定。
 

|

« 『アーカム・ホラー攻略日記2』 | Main | 『アーカム・ホラー攻略日記4』 »

Comments

3戦目はゲートの出現率の低いロケーションのゲートは閉じたほうが良かったと思ったよ。

Posted by: S | December 16, 2014 at 23:58

そうだな、正直あの時は思いつかなかった。確率の高い4か所だけ封印を狙ってあとはどんどん閉じる、というのが良いのかもしれない。

Posted by: 通りすがりの管理人 | December 23, 2014 at 02:13

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45764/60809718

Listed below are links to weblogs that reference 『アーカム・ホラー攻略日記3』:

« 『アーカム・ホラー攻略日記2』 | Main | 『アーカム・ホラー攻略日記4』 »