« 『アーカム・ホラー攻略日記6』 | Main | 『インターステラー』 »

年の瀬の近状報告2014

今年もあと数十分で終わりですね。

 
この一年を振り返ると、仕事的には停滞かやや減退期に入り、プライベートでは様々なことが軌道に乗った年だったように思います。
 
 
 
■ 私生活の話
 
いろいろありましたが、まあ順調といえるのかな。上の子が小学生になり、日々成長してるなあと嬉しくなる半面、本気で叱らなければならない場面が増えました。些細なことで将来を心配したり、意外と大丈夫かも?と見直してみたり。子に一番近いところに居ながら、だからこそ見えないこともあるもんです。やはり家の中のことを気兼ねなく相談できる第三者(自分の子を知ってる人)が必要だなぁと、つくづく思います。
 
来年は下の子が幼稚園。こちらは行動がおおざっぱ過ぎて目の届かないところで大怪我してしまうのが怖い。いつか職場に病院から電話がかかってきそう。はやく落ち着いてくれないかな。
 
 
■ 仕事の話
 
勤続12年目に入り、入社してから一度も異動をしてなければ、さすがにほとんどの仕事が惰性でできてしまう。新しいことをなかなか始めようとしない。ああ、これが倦怠期か?と思いつつも、ぬるま湯に浸かり続けてしまうダメ社会人。こういうのを給料泥棒というんだろうか。自分の責務はちゃんと果たしてるつもりではあるけど。
 
知り合いには未だに正社員になれず、不安定な雇用で頑張ってる人もいる。我彼の差はなんだろう。努力の差?そういう面もあるかもしれないけど、社会的な背景やただの運といった、本人にはどうしようもない要因もある。それらもひっくるめて、人の実力だと嘯く向きもありますが、自分はそこまで割り切るのはどうかと思う派。
 
誰でもできる仕事をやっているとは思ってませんが、同じ道をたどれば多くの人が似たようなスキルを得て似たような立場になれたんではと思います。だから何だってこともないけど、まぁ、自分の幸運さを自覚しつつ、そろそろやる気ださんとなと。
 
幸い、というか、実は年末に恐ろしい勢いで上位上司に発破をかけられ、来年は否が応にも重い腰を上げざるを得なくなりそうです。尻を叩かれるのは嫌いではないですし、むしろありがたいことだと思ってますが、はてさて期待に応えられるかどうか。この歳になると、なるようにしかならないという変な諦観もあったり。
 
 
■ マラソンの話
 
おととしに参加した立川マラソンで膝を痛めました。今はすっかりご無沙汰です。走ると膝に変な感覚があり、しまいにはゴキゴキと音がし出すというありさま。正座もできなくなりました。
原因はたぶん基礎トレーニング不足なんだと思います。歳を取ってから走るためには、若い頃と違って入念な準備がいる、ということです。残念ですが、当分はお休み。
 
 
■ NFLの話
 
今年も観てるんですけどね。応援しているアトランタ・ファルコンズが完全にドアマット・チームと化していて非常に残念です。ただ、属しているNFCの南地区はどのチームも酷くて、地区優勝したパンサーズですら負け越しているという。ようするに盛り上がらない一年でした。来年の新人に期待します。
 
 
■ 自転車の話
 
今年6月に買ったAVANTIのINC3ですが、絶好調です。サイコンのOdoによると、現在の総走行距離は2319km。おおよそ出勤日の半分は自転車だったことになります。期待通りメンテナンスも非常に楽で、前車のGIANT Escape3.1が一、二週間に一回、チェーン清掃と給油をする必要があったのに対し、こちらは二カ月に一回ぐらい軽く水拭きする程度でOK。それでいて、走行感は十分にスポーティで往復35kmの通勤路もまったく苦になりません。やっぱり11速の内装変速がポイントかと。丘陵地帯を走っているので一番下のギアからトップまで無駄なく使えます。外装とちがって変速がシーケンシャルなのも良いですね。恐れていた耐久性も今のところは問題なし。
 
そういえばよく会社の人から健康の為にやってるの?と聞かれますが、全くノーです。こういうスポーツ車って乗ってみると分かりますが、あまり運動にならないんですよね。坂道でも普通のチャリとは比較にならないぐらい楽なので、これで運動してる気になってそのぶん食べちゃったりしたら、むしろ太るんじゃないかな。経済的にも私の場合よほど乗らないと元がとれない状況だし、ようするに完全な道楽です。ペダルをこぐのが楽しいから乗ってるとしか言いようがありません。
 
一つネガティブな要素があるとしたら、やはり気温です。今年の11月中旬から年末にかけてとても寒かったので、特に朝方と深夜残業後の帰宅時には非常に難儀しました。
で、あんまりに辛かったので奮発してサイクリングウェアを新調。メーカーはMontBell。機能性を重視したアイテムに造詣の深い友人Aが、以前に勧めていたのを思い出し、彼が言うのだから間違いなかろうと特に調べもせずにアンダーからオーバー、グローブに至るまで統一したところ、これが大当たり。笑っちゃうほど高性能で氷点下の朝でもまったく苦にならなくなりました。いや、ほんとこれにはビックリした。この「自然の厳しさをテクノロジーでねじ伏せてる感」が堪らず、乗るのがますます楽しくなったり。アパレル業界も進化してるんですねえ。まったくもって感服いたしました。有用な情報をくれた友人Aに感謝。これに味をしめて、次々とウェア物(カバン等含む)に手を出してしまいそうな自分が怖いです。
 
 
■ オートバイの話
 
ぶっちゃけ乗ってないです。2ヶ月に一度ぐらいかも。最後に乗ったのは11月ぐらいにやったアーカム・ホラー会のときかな。乗りたいのにそのチャンスがないというこのモヤモヤ感が辛い。俗に言うストレスマッハ。ただ、チェーン清掃と給油だけはちゃんとやってます。来年は写真を取りに行くのにバイクを使ったらどうかと考案中。三脚をどう積載するかが悩みどころです。
そういえば、KTMからこんなのが出てるんですよね。いっそ乗り買えちゃう!?(<根本的な解決になってません)
 
 
■ 映画の話
 
実は年末にまた一本観ました。某有名監督のSF物。地雷かもと覚悟しつつも、メメントからのいちファンとして特攻してきたんですが、思ってたほど悪くはなかったです。感想はいずれまた。
某、小人の冒険の完結編は予定がつかず、年内には観れませんでした。こちらは正直ちょっとテンションが低迷中。原作からの乖離が・・・・。オーランドのファンの方には悪いですが、やっぱり商業上の理由による改変はいただけない。あと、今更ですが、やっぱり原作のどこかほのぼのとしたテイストは微塵もなくなっているのが寂しいんですよね。指輪のときはそういうこと思わなかったのに、何が違うんだろうと自分でも思うんですが。
 
 
■ ゲームの話
 
今年後半はボードゲームいっぱいやりました。クローゼットの片隅で埃をかぶってたマンション・オブ・マッドネスとアーカム・ホラーが日の目をみて本当によかった。多少強引だったかもですが布教活動をして良かったと思えました。遊んでくれた方々ありがとう。
実はまだいっぱい積みゲーがあるので、機会があればいずれ布教活動に勤しもうと思っております。そのときはまたよろしこ。
あ、それと昨日、アーカム・ホラーのソロプレイをしました。Mandy Thompsonで対ヨグ=ソトース戦。運が良かったのもありますが、完全勝利です。これでもうだいたい攻略法は確立できてきたかなと思いました。余力があったら他のキャラクタでも試してみたいですが、流石にもういいかなという気もしてます(苦笑)まぁ、今後の気分次第で。
そろそろまたプラグドゲーもやりたくなってきたので、面白そうななのを探してみようと思ってます。とりあえずドラゴンエイジの新作かな。
 
 
ということで、時間も迫ってきましたし、終わりにしたいと思います。
今年一年、お世話になりました。来年もまた変わらぬご厚誼のほど、よろしくお願い致します。
 
 

|

« 『アーカム・ホラー攻略日記6』 | Main | 『インターステラー』 »

Comments

あけおめ。こちらはご存知の通り、生活が急変してしまいました。楽しくやっていますが。アイギスちょこちょこやるぐらいが精一杯です。仕事のほうも責任だけ増えてちょっと労力がかかりそう。むかしほど無心に仕事していないけど、たぶん経験値の分だけパフォーマンスは上がっているはず。ところで、フル・フロンタルって、若い頃のセリフを吐いたりしちゃって、ちょっとイタイよね笑。

Posted by: Sasaki | January 11, 2015 at 00:25

子育て楽しかろう。すぐに大きくなってしまうので今のうちだよ。アイギスこちらはちょっと停滞ぎみ。あの手のゲームで経験値稼ぎは眠くなるのよね。仕事面では君は適材適所であるように見受けられる。でもこれからは出張が多いのはちょっと大変かもな。丸裸さんのはファンサービスだとしたら少しあざといよね。往年の視聴者としては嬉しさよりも気恥ずかしさが先立つ。あのあたりは原作者の趣味なのかなって気もしたけど。

Posted by: 通りすがりの管理人 | January 12, 2015 at 16:29

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45764/60898641

Listed below are links to weblogs that reference 年の瀬の近状報告2014:

« 『アーカム・ホラー攻略日記6』 | Main | 『インターステラー』 »