« 『マン・オブ・スティール』 | Main | アナログケーム会 »

『アナと雪の女王』

言わずと知れたディズニーの最新作。ご多聞に漏れず、子供達(特に娘)に大人気でもう何回観たか思い出せないほど観てます。そのほとんどが兄の家で、BDでの視聴。ただ、最初から通してしっかり観たのは1回だけかな。
 
世界の歴代興行収入第5位に食い込んだブロックバスター映画だし、今更自分が書くことはあまりないなと思ってたんですけど、この前観たらやっぱり面白かったので、簡単にでも感想を書いておこうかと。
 
この映画の一番良いところが、その楽曲であるのはもう言うまでもないことなんですが、個人的に大好きなのはオラフというキャラクターです。
 
オラフは雪の女王であるエルサが作り出した生きている雪ダルマ、言うなればインテリジェンススノーマンです。よくあるマスコット的立ち位置のキャラクターでありながら、どうして、こいつが言葉通りインテリジェンスなんですよ。
結局のところ、この作品における大きなテーマであった「愛とは何か?」を最も分かりやすいかたちでアナに教え、体現したのが彼だったわけで、二人のプリンセスを共に救った立役者とも言えます。
自分はアメリカのアニメやファンタジーでよく登場する、非常におしゃべりで、とぼけた性格の、「面倒を起こすけど憎めないキャラ」というのがあまり好きではなくて、そのキャラが一種、狂言回しのような役割を演じるのもワンパターンだなぁと退屈に感じてしまうタチなんですが、この映画のオラフは一見、そういったお約束のキャラだとみせかけてその実、非常に誠実で中身のある人格として描かれています。
 
彼の有名な(?)台詞である "Some people are worth melting for" は過去のディズニー作品であれば、白馬に乗った王子様が言うことだと思うのですが、それをマスコットキャラがさらりと言ってしまう。でも、ここで大事なのは"Some people"というところ。目の前にいるアナのことを大事に思っていると伝えるとともに、「自分を犠牲にしても良いと思える人(some people)はいるもんだよね」と、一般化して伝えている。雪の女王エルサの分身とも言えるこの雪ダルマの台詞で、アナは「愛とは何か」を、ひいてはエルサがどれだけ自分の事を大切に思っていてくれていたのかを悟るという筋書きです。
ベタ過ぎると思う方も、それはいるでしょう。が、自分はお伽話として非常に良くできていると感じました。
 
ちなみに日本語版では先の台詞はとてもストレートに「アナのためなら溶けてもいい」というようなことを言ってしまうので、ちょっと興ざめです。そうじゃないだろう、そこは「溶けたって良いと思える人は(誰にだって)いるもんだ」とかそんな意味にしないと真意が伝わらないんじゃなかろうか、と思いました。
この作品はできれば英語字幕を表示しながら観た方が、物語をもっと深く味わえるような気がします。もちろん、英語音声だけで聞きとれる人には字幕も要りませんが。
 
最後に馬鹿話を。完全にネタバレですが、この物語は最後、エルサが魔法の力を完全にコントロールできるようになってハッピーエンドを迎えます。王国を乗っ取ろうとしたサウスアイルズの第13王子は船で強制送還されます。
噂によると、この作品は続編が作られるみたいなんですが、どうせならガラリと趣向を変えて
 
「ハンスがやられたようだな・・・・」
「くくく・・・・・奴は我ら13王子の中でも最弱・・・」
「雪の女王ごときにやられるとはサウスアイルズの面汚しよ・・・」
 
みたいな展開を期待。絶対ないと思うけど。
どーでもいいけどハンスって途中から性格変わり過ぎですよね。何度見ても根っからの悪人には見えないんだよなあ。終盤の行動がどうしても納得できない。
 
さておき、あんな強大な魔力をもった女王が統治してるんだから、アレンデールは当分安泰だろうなとエピローグを観てて思いました。
 
 

|

« 『マン・オブ・スティール』 | Main | アナログケーム会 »

Comments

アナは見た。まあ面白いよね。ディズニー映画はこんなわたしにも癒しを与えてくれる(笑)。

最近見たのでは「武士の家計簿」と「ARGO」はなかなか良かった。もちろん子供向けじゃないけど。

Posted by: ササキ | October 05, 2014 at 23:19

ディズニーは直球勝負で良いよな。この手の映画を素直に楽しめる歳になってて良かったと思うよ。10~20代に観たらきっと感想が違ってた映画ではなかろうか。

ところで、そちらが挙げた映画は二つとも観たことがない。今度観てみる。

Posted by: 通りすがりの管理人 | October 06, 2014 at 21:10

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45764/60424970

Listed below are links to weblogs that reference 『アナと雪の女王』:

« 『マン・オブ・スティール』 | Main | アナログケーム会 »