« 春到来 | Main | 3月8日 22時41分 晴れ 月齢8.3 »

『Cars』

先日、青葉台の兄の家(昔の自分の家)に遊びに行きました。兄は、まあ、控えめに言ってもかなりの「車バカ」でして、2人の子供がいながらMT車を2台所有している奇特な人です。ちなみにどちらも2ドアクーペで後部座席にはチャイルドシートがギリギリ入るかどうかというスペースしかありません。よく奥さんが許したなぁと常々思います。子供持ちはミニバンという世間のお約束を鼻で笑い、「子供が小さい時こそMTクーペだろ」と当たり前のように堂々と主張するのを聞いていると、確かにそうかもしれないと思えてくるのが不思議です。

 
さておき、そんな兄の家へ遊びにいくと、子供たちが決まって観たがるのが『カーズ』。もちろん最近一部でホットな「石柱の男」では当然なくて、PIXARのアニメの方です。知ってる方も多いと思いますが、登場するキャラクターが全て車を擬人化したもので人間がまったく出てこないという珍しい作品です。うちの子供たちは特に車が好きというわけでもないのですが、なぜかこの映画は大好きで、ごっこ遊びに自然とこの作品のキャラクターが出てくるぐらいです。
 
で、あまりにうちの子供たちが気に入っているのをみて、とうとうBDディスクを貸してくれるということになり、昨日、自分も家で初めてじっくり観てみたんです。そしたらなんだ、面白いんですよこれが。ストーリーもキャラクタ設定も何もかも王道のベタな作りなんですが、どうしてなんでしょうね、大人が観ても面白い。最後なんて危うく泣かされそうになったぐらいです。車好きの琴線に触れるような小技がたくさん効いているのも確かですけど、それだけじゃない、セリフ回しから仕草、構図、カメラワーク、世界観、全てのクオリティが高水準な印象。さすがPIXARだなぁと感心しました。子供たちが喜ぶのも、むべなるかな。
 
ただ最後の演出だけは少しやり過ぎ感があるかもしれません。必ずしも美しいとは言い難い行為をあたかも普遍的な美徳であるかのように描写するのは、人によっては押しつけがましさを感じるかもしれないなと思いました。要するに、例によってちょっとアメリカンな映画だということで。個人的には好きですけどね。それまで一匹オオカミで、人を信用しなかった主人公が、初めてできた仲間に対して幼い(青い)感情表現や行動をとるところが、むしろ初々しくて微笑ましいと自分は感じました。
 
深く考える映画ではまったくないですが、気楽にみて最後はスカッと爽やかになれる上質の作品。疲れてるときなんかに、特にお勧めです。
 

|

« 春到来 | Main | 3月8日 22時41分 晴れ 月齢8.3 »

Comments

ずいぶん前に見た記憶があるなぁ。シンプルに楽しめるアニメもたまには良いよね。

Posted by: ササキ | April 05, 2014 at 08:45

確かに、Carsはまさにシンプルに楽しめてGOODだったよ。

ところで最近『The Elder Scrolls Online』が気になって仕方がないんですが、一緒にどうでしょう。もうMMORPGは食傷気味でしょうか。

Posted by: 通りすがりの管理人 | April 06, 2014 at 23:35

ノーマークだったけど、別にかまわんよ。ローンチしたばかりなんだね。

Posted by: ササキ | April 10, 2014 at 23:09

おお、そんじゃさっそくやるか。
これどうやって買うんだ?

Posted by: 通りすがりの管理人 | April 11, 2014 at 21:42

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45764/59400912

Listed below are links to weblogs that reference 『Cars』:

« 春到来 | Main | 3月8日 22時41分 晴れ 月齢8.3 »