« 『アイアンマン3』 | Main | 『OBLIVION』 »

『マイティ・ソー』

某映画の予習の為に仕方なく観る人が多いともっぱらの噂な『マイティ・ソー』を観賞。ご多分に漏れず、自分も兄からこれだけは先に観ておけと言われてしぶしぶレンタルしたクチです。借りたは良いけどまったくモチベーションがあがらず、優先順位を下げまくっていたらいつの間にか返却日前日になってしまい、金曜日の夜に眠い目をこすりながら観ました。

そうしたらどうでしょう、まったく期待せずに観たからなのか、案外面白いではないですか。ストーリーやキャラクタ描写は例によってアレですが、スーパーマン物としてはそれなりにカタルシスがありました。何より良かったのは映像美。とくにエンディングの宇宙旅行は大興奮です。それ以外にもアースガルズやビフレストの造形は素晴らしく美しいと思います。美術が一番頑張ってる映画。自分にとってはかなり珍しいパターンです。

ちなみに、先に出てきた単語からも分かると思いますが、この映画のベースは北欧神話です。ソーはTHORであり、いわゆるあの人です。某国産RPGでは東京に核ミサイルを落としてたりしてたアレ。お父さんは知識の為に片目を失ったとされる某爺ちゃんですし、乗ってる馬は足がいっぱいあったのでスレイプニルだと言いたいのでしょう。もちろん弟さんは○キさんでしたので、知ってる人にとっては開幕10分程度でラスボスが確定します。日本の時代劇みたいなもんです。主人公の獲物はもちろんハンマーですよね。これ以外に似合う武器があるわけがありません。力を解放して戦うシーンはとても恰好よかったです。スカンジナビアの人々が観たら空いた口がふさがらないかもしれませんが。

そういえば某映画レビューサイトで、「マイティ・ソーっていうぐらいだからノコギリを振り回して大暴れする話かと思ったらトンカチだった。マイティ・トンカチではダメだったのか?」というコメントがあって、まあ、ネタだろうと思いますが笑わさせてもらいました。北欧神話に対する理解如何でこの映画の意味不明度は上下しそうですね。

なお個人的に一番盛り上がったのは、アースガルズから秘宝の番人がミドガルドへ転送されてきたときの、S・H・I・E・L・Dのセリフ、「スタークのものか?連絡は受けてないぞ」、です。たったこれだけで「うひょー」ってなりました。もうすっかり病気です。

 

|

« 『アイアンマン3』 | Main | 『OBLIVION』 »

Comments

アイアンマンと繋げるとヒーローだらけのアレのこと?

Posted by: ササキ | June 08, 2013 at 20:39

そうそう、たぶん合ってる。
明日(日曜日)の夜はそれ観る予定。

Posted by: 通りすがりの管理人 | June 09, 2013 at 00:28

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45764/57505896

Listed below are links to weblogs that reference 『マイティ・ソー』:

« 『アイアンマン3』 | Main | 『OBLIVION』 »