« 中世に生きる(最終回) | Main | 日常からのプチ逃避行 »

UNIQLO CALENDAR

他に書くべきことがたくさんあるのに、衝動的に変なネタをエントリーしてしまうダメな私。先ほど偶然目にとまったUNIQLO CALENDAR。実写なのにミニチュアっぽい、何でだろう?とついつい何分も観てしまいました。輪郭をはっきりさせてるから?早回しだから?色彩を濃くしているから?などと、素人っぽくいろいろ考えてみましたが、この手の撮影技法は結構メジャー?らしく、ちょっと調べればいくらでも解説が転がってました。それによると、本来すべてのピントが合うはずの遠景撮影でわざと一部のみピントが合うように加工することで、あたかもマクロモードでスケールの小さな物を撮っているように感じさせるのがポイントなんだそうです。へえって感じ。個人的には早回しとフレームの少なさも大きな要因って気がするのだけど、あんまり関係ないのかな。撮影技術も、奥が深くて面白いですね。

|

« 中世に生きる(最終回) | Main | 日常からのプチ逃避行 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45764/49928153

Listed below are links to weblogs that reference UNIQLO CALENDAR:

« 中世に生きる(最終回) | Main | 日常からのプチ逃避行 »