« 『生物と無生物のあいだ』 読了 | Main | 頑張っていただきたい »

徒然なるままに11/30

今日は久しぶりの定時あがりだったので、暇に飽かせてエントリー。

こんなところで書くのもなんですが、残念なことに私が勤めている会社は最近あまり羽振りが良くありません。そのため、今日のような月末は残業調整と称して早めに上がらされます。要するに人件費の削減です。
無理に残業する理由もないので、私なんかは言われた通りにそそくさと退社するわけですが、なぜかこういった調整が入るたびに、ごねる人たちがいます。「残業させて欲しい」と言うのです。これが正直私には理解できないんですよね。

残業とはそもそも、定時であがる権利がある従業員に会社側が残業して欲しいと申し入れて、本人が承諾した場合に成立するもののはず。その会社が残業するなと言っているのに残業したいというのは、何かがおかしいと思わざるにはいられません。

その人たちは、「仕事がたまるから」「まわりに迷惑がかかるから」と言うのですが、本来それを心配すべきなのは管理職の人たちであって従業員ではありません。工数に関わる調整を自分でしたがるのは、大げさに言えば「越権行為」ではないのかと思うときがあります。なぜなら残業はコストがかかるものだからです。(小さいことであれば当然末端でやるべきだけれど)

好意的に解釈しようとすれば、自分の仕事に対して責任感がある、と取れなくもないんですが、根っこにあるのがそういう気持ちだけでないことは彼らの仕事の内容と仕事振りから明らかです。ようするに、その人たちが残業したいのは個人的な理由なのです。「今月中に区切りの良いところまで進めたい」とか「仕事のペースを崩したくない」とかそういうことです。

日本人って不思議だなと思うのですが、仕事に対して実にウェットな人が多い。私の周りだけかもしれませんが、自己満足のような内容の仕事で延々残業をする人もいます。帰宅時間はいつも22時とか23時。1日のほとんどを仕事で終えることに空しさを感じないのでしょうか。
日本の製造業が生産システムをアジアへ移管する理由はこういうところも無関係ではないのではと思ったりします。日本人はよく働くと言われますが、これだけ残業して働いているのに他国に比べて明確なアドヴァンテージが見出せないのは、むしろ質が悪い証拠ではないでしょうか。Civilaization的に言うと「労働者の生産速度-25%」とかそんな感じな気がします。

例によってアレな内容になってきたので、いいかげん終わりにしますが、労働組合なんかがやってる「ワークライフバランスの改善」とかって運動は会社を相手にするだけでなく、組合員の教育もした方が良いんじゃないかと思う今日この頃です。

あ、ちなみに、質の良い残業をしている人ももちろんいます。そういう人の話をしているわけではないので悪しからず。

|

« 『生物と無生物のあいだ』 読了 | Main | 頑張っていただきたい »

Comments

残業については激しく同意。まあ、残業代が欲しくて、という人もいるかもしれないけど。出来る人は人並み以上の仕事を定時でこなすけど、出来ない人は余計なコストと時間をかけてるように思える。ちなみにわたしは残業代と無縁になってるので好きにやってますけど。今日なんか生産速度-50%の勢い。

Posted by: ササキ | December 02, 2010 at 22:28

総年俸制にすれば良いのにと思うときもある。そうすれば、だらだら仕事をした方が儲かるみたいな非生産的な方法論が成り立たなくなって、少しはマシになるんじゃないかな。まあ日本みたいな終身雇用、年功序列意識が根強い国には向かないか。
ウチも管理職はみんな遅いな。生産速度うんぬん以前に仕事の絶対量が多そう。あれはあれで大変だと見てて思う。インフルエンザとかノロとか流行ってるけど、体調管理気をつけてな。

Posted by: 通りすがりの管理人 | December 03, 2010 at 22:06

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45764/50176673

Listed below are links to weblogs that reference 徒然なるままに11/30:

« 『生物と無生物のあいだ』 読了 | Main | 頑張っていただきたい »