« フロッピーよさらば | Main | 徒然なるままに9/18 »

『インセプション』

先日、クリストファー・ノーラン監督の新作を鑑賞してきました。地元のレイトショーでも1/5ぐらい人が入っていたので、わりと興行成績は良いのかもとちょっと驚きました。酷いときには観客が数人しかいないこともある映画館だし、作品的にもそれほど人気がなさそうだったので。

以下、珍しくネタバレなしで雑感をば。

凝った仕掛けをするのが大好きな監督なため、今回も事前情報をなるべく入れずに観たのですが、予想以上に漫画的(もしくはゲーム的)な作りの内容で、個人的には微妙なところもありました。面白いか面白くないかで言えば間違いなく面白いのだけれど、自分がこの監督に求めている方向性とはちょっと違うかも、という印象。できれば「メメント」のような、こじんまりとした話で後からジワジワと来るような小粒でピリリ作品を作り続けて欲しかったなと。
なお、渡辺謙の演技は悪くなかったと思いますが、レオ様に上から目線で話しかけるシーンなどは、なんとなく違和感がありました(苦笑)日本人とハリウッド映画って私の中ではまだ隔たりがあるんですよね。そのうち自然になるんでしょうけど。

監督はそう言われると嫌がりそうですが、表面的には「MATRIX」に話が似ているため、あの手の作品が好きな人は楽しめると思います。個人的にはローカルルールを作って観客に押し付ける系の作品はそろそろ卒業(というよりついて行けなくなってきた)かなと思いましたけど、抵抗がない人にはなかなか斬新で盛り上がると思います。新世代の映画、と言っても良いかもしれませんね。好き嫌いの分かれそうなところです。

期待が大きすぎたのでちょっとネガティブな話もしましたが、観てるときはとても楽しくて、5段階評価では4ぐらい。たぶんDVD(かBD)も出たら買うと思います。少しでも気になっている方はぜひ劇場で観てみてください。

余談ですが、少し前に観た「シャッターアイランド」といい、この映画といい、「奥様がヤンデレ」という設定が連続していたため、レオ様に女性運のないイメージが自分の中で定着してしまいました・・・。

|

« フロッピーよさらば | Main | 徒然なるままに9/18 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45764/49107340

Listed below are links to weblogs that reference 『インセプション』:

« フロッピーよさらば | Main | 徒然なるままに9/18 »