« 『アイアンマン2』 | Main | 『MTG - Duels of the Planeswalkers』 »

『機動戦士ガンダムUC episode1』

最近観た映画の5本目。最後はコレです。映画じゃなくてOVA?懐かしい響きですね。もうビデオの時代じゃないので、この言葉は使われてないのかしら。巷の評判がとても良かったのでBDを衝動買いしての鑑賞です。何でも良いからPS3でBDを再生してみたかったとも言う。

久しぶりのアニメ、それもロボットものだったので、昔のように楽しめるか少し心配だったのですが、杞憂でした。まさに評判通りの面白さ。ガンダム作品は6,7年前に『F91』を観たとき以来。それでも序盤のクシャトリヤとスタークジェガンの戦いで早くもかつてのワクワク感が蘇りました。戦闘シーンにCGをあまり使っていないことと、SEがほとんど昔のままなのが、自分のような旧ガンダム世代のおっさん(ディープなファンではありませんが)には嬉しいところですね。時系列でいうと『逆襲のシャア』のちょっと後とのことで、懐かしい造詣も出てきます。ペガサス級の艦船(アーガマっぽかった)やZに似た量産型可変機、ザクの後継機あたりがとりあえず確認できました。例によって民間人の視点から話が始まっていて、序盤はロンドベルが少し悪役っぽいのがまた面白い。主人公がちょっと内向的なのも伝統でしょうか。

実は最初に観たのはもう1ヶ月以上前のことで、今回このエントリーを書くためにもう一度観たのですが、ストーリーの分かっている2回目の方が、細かいところで新しい気づきがあって面白かったです。スルメのように楽しめる作品かもしれません。何より脚本が良いのが大きいですね。きっと小説の出来が良いんでしょう、さすが福井さんだと思います。質の良い脚本をベースに丁寧に作られていて、台詞や間の取り方、場面転換のタイミング、そして音楽、全てのクオリティが高い印象。続きがとても楽しみです。

良いことだけ書くのもなんなので一点だけ。たまに、ガンダムに興味のない人でも十分楽しめるレベルだと評価している人がいますが、それはさすがに言い過ぎかなと思います。確かにMSが出てこない場面もクオリティが高くて面白いんですが、あちこちにガンダムの記号やお約束(ひいてはアニメのお約束)が入っているので、見慣れていない人からすると「なんじゃそりゃ」って引くところがいっぱいあります。パトレイバーを知らない人が劇場版part2を観ると途中までは楽しめるけどラストの戦闘シーンで引くってのと同じかと。世界をリアルに描写すればするほど、ロボットが登場するときの違和感が強くなるのかも。

まあ、基本的にはマニア向けのハイクオリティアニメということで一つ。ガンダム好きなら見ないともったいない作品だと思います。

|

« 『アイアンマン2』 | Main | 『MTG - Duels of the Planeswalkers』 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45764/48863384

Listed below are links to weblogs that reference 『機動戦士ガンダムUC episode1』:

« 『アイアンマン2』 | Main | 『MTG - Duels of the Planeswalkers』 »