« 『SHUTTER ISLAND』 | Main | よく分からないこと »

『PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF』

仕事が忙しくて間が空きましたが、3本目の映画、パーシージャクソンとオリンポスの神々の感想です。原題も長いですな。

アレです、ライラの冒険とかナルニアとかと同系列。直球ストレートなファンタジー作品。どちらかというと指輪のような、好きで好きで堪らない人が自分の趣味全開で撮っちゃいました的なカルト映画が好きな自分としては、少し優等生過ぎる内容かなとは思いましたが、なんだかんだで楽しめました。ギリシャ神話系の記号、「ミノタウロス」「メデューサ」「ヒドュラ」「ケルベロス」などなど、分かる人には分かるお約束な(見飽きた?)要素が満載ですので、今のCG技術でこのあたりのクリーチャーを観たいという方には良いのではないでしょうか。個人的にはデミゴッドという言葉が映画で聞ける時代が来るとは・・・と、変なところで感心してしまった作品でした。そろそろまた一般的な関心が薄れていきそうなジャンルですが、いつか忘れられた頃にまた盛り上がるといいですね。そういえばマイケル・ムアコック作品の映画化はどうなってるのかなあ。

|

« 『SHUTTER ISLAND』 | Main | よく分からないこと »

Comments

一時期TVでコマーシャルやってたやつかな。
うちはぬるい邦画を、という要望があって「フィッシュストーリー」というのを観た。意外と面白くて、期待していなかった分だけ得した気持ちになったよ。

Posted by: Sasaki | July 07, 2010 at 22:21

原作者が有名な人だね。自分は一冊も読んだことないけど。邦画は最近急激に質の良いのが増えたと思う。ハリウッド映画に追いつこうとしなくなった辺りから特に。古いのでも面白いのあるけど。三谷幸喜の「12人の優しい日本人」面白いよ。

Posted by: 通りすがりの管理人 | July 08, 2010 at 23:11

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45764/48799402

Listed below are links to weblogs that reference 『PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF』:

« 『SHUTTER ISLAND』 | Main | よく分からないこと »