« ナイスフラッシズ | Main | 『SHUTTER ISLAND』 »

『THE BLIND SIDE』

先週今週とハードな日々が続いてましたが、やっと時間が空いてきました。
今日から最近観た映画の感想を少しずつあげておきます。ほとんど飛行機の中で観たものです。

『THE BLIND SIDE』

貧しい生い立ちの青年がとある裕福な家庭に拾われてアメフトの才能を開花させ、同時に勉学に励み見事大学に進学するお話。NFLに実在するマイケル・オアー選手の実話。こういう出来すぎた話が実際にあったのかと思うと、世の中はまだまだ捨てたものではないなと感じさせられる。素性の分からない孤児を拾って家族として育てる人も器が大きいと思うけど、それに100%の誠意と努力をもって報いる人も稀有なのではないでしょうか。ヒューマニズムに溢れるとても素敵な作品だと思いました。それにしてもサンドラ・ブロック綺麗。歳をとるごとに美しくなる女性の典型だと思います(内面も含めて)。
ちなみにブラインドサイドというのはQBの利き腕でない側のこと。QBがパスをする瞬間というのはディフェンス側のラインやラインバッカーが殺到するもっとも危険なときで、特にボールを投げるとき利き腕の反対側は背中を向けているため死角になります。そのためサック(ボールを投げる前にタックルして阻止すること)はブラインドサイドから狙われることも多いのです。よってブラインドサイドを守る人(QBが右利きならレフトタックル)はとても重要なポジション。劇中にもその説明があって、マイケル・オアーが大切な家族を守るようにQBを死守するシーンはとても感動的でした。アメフトそのものの魅力も詰まった映画だと思います。
例によって機内上映は原題のままだったので、邦題はどうなってるんだろうと調べたら「しあわせの隠れ場所」というのがそれでした。日本人が内容を想像し易いようにしたかったんでしょうね。確かに原題では感動物を期待して観にいこうとする人が少ないかもしれません。ただ本来の意味が薄れていて個人的にはイマイチ。たしかに日本はアメフトを知らない人が多いんだろうけど、作品内容と凄くマッチしてる原題の味も残して欲しかったな。

 

|

« ナイスフラッシズ | Main | 『SHUTTER ISLAND』 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45764/48672824

Listed below are links to weblogs that reference 『THE BLIND SIDE』:

« ナイスフラッシズ | Main | 『SHUTTER ISLAND』 »