« デモンズソウル(その2) | Main | 『ちはやふる』 »

デモンズソウル(その3)

心が・・・心が・・・ぽっきり折れそうです。。
今、腐れ谷の第2ステージにきているのですが、前ステージに増して酷い。個人的な辛さのポイントを挙げると以下のような感じ。

 ・ フィールド全般が沼地で動きが遅くなる
 ・ しかも一定時間入っていると毒を受ける
 ・ 沼地に入った状態で戦う場合、ローリングしようとするとなぜか数秒固まる
 ・ 薄暗く、目印が少なく、進むべき方向が分からない
 ・ 嫌いなトロール大の敵がわんさか居る
 ・ 生理的嫌悪感を強烈に受けるヒルが大量にいる場所がある(マジ勘弁して下さい・・・)

とにかく接近戦がしづらくてキツイ。前ステージは足場が狭くて厳しかったのですが、今回は動きがとれず、ローリングもできず、できないだけじゃなくて数秒フリーズするという過酷さ。にもかかわらず、敵は平気でローリングしてきたり。いったい、どういうことなの・・・。
沼地で受ける毒はHP回復系の装備をわんさかすると、ある程度は相殺できるので、それに気づいてからは回復させずに突っ切ることにしました。あとトロール大の敵は「盗賊の指輪」を嵌めれば気がつかれずに通り抜けできることを知り、無視することに。それまで何度も沼地で奮戦して釘バットでボッコボコにされてたので、むやみに戦わなくて良いと分かったときの嬉しさといったら!やっぱり道具は使いようですね。このゲームで無双プレイすることのナンセンスさを改めて思い知らされました。
それから、これまで集めたデモンズソウルを7英雄(みたいなやつら)の一人に渡して「ソウルの矢」と「完全な防護」という魔法に替えてもらいました。「ソウルの矢」は一直線上の敵を貫く攻撃魔法。D&D的に言うと「ライトニング・ボルト」ですね。狭い通路で大活躍しそうな素敵な攻撃魔法です。それから「完全な防護」の方はダメージ「軽減」。「無視」じゃなくて「軽減」。看板に偽りアリじゃなかろうかと思ったけど、でもかなりお役立ちなのでまあオススメです。どちらも消費MPが大きいのが珠に瑕かな。
と、いろいろ対策をとった結果、先日ようやくショートカットを作ることに成功し、入り口から沼地を通らずに奥まで進めるようになりました。ひゃっっほおおおおい!!(30代おやぢが深夜にガッツポーズ<末期です)
まだボスと戦っていないのですが、何回か一人で挑戦して、勝てなかったら素直に先生(青ファントム)に教えを乞うかなと考えています。このゲーム、協力プレイするととたんに難易度が下がるので、そういう意味ではボス戦はそれほどマゾゲーでもないなーと最近思ったり。むしろ一人でゆっくり探索したい道中のほうが何倍も厳しい。腐れ谷はあと1ステージ残っているのですが、今度はどんな仕掛けでプレイヤの心を折りにかかってくるのでしょうか。なんだかもう今から行くのが億劫で仕方ありません。

|

« デモンズソウル(その2) | Main | 『ちはやふる』 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45764/47433160

Listed below are links to weblogs that reference デモンズソウル(その3):

« デモンズソウル(その2) | Main | 『ちはやふる』 »