« 『AVATAR』 | Main | デモンズソウル »

年の瀬のご挨拶2009

あと1時間とちょっとで年がかわりますね。というわけで恒例の(?)ご挨拶でも。

今年はあまりゲームができませんでした。ゲームライフってタイトルをつけているにも関わらずゲームに関係のない話題が多かったのもそのあらわれです。単純に時間がないってのももちろんあるんですが、自分の中でゲームの優先順位が下がったなあと自覚してるところもあります。昔は世界観が練りこまれていて、じっくりと腰を据えて遊べるようなものが好きだったけど、最近はむしろ敬遠してしまいます。たとえ好みに合ってどっぷり漬かりたくなっても、できないのがわかっているためです。学生のころ様々なゲームの世界に浸っていた、そのときのことを思い出すと懐かしさとともに何故か幸せな気持ちになります。本当にいろんなゲームをやりました。それに費やした時間は途方もないものでしたが無駄だったとはこれっぽっちも思っていません。ただそのために出来ていないことが沢山あったのも確かでした。今はその反動もあるのか、ゲーム以外のものに目を向けたいという気持ちも少しあります。
数年後にはまたそれなりに自由時間が増えるかもしれません。そのときにがっつりゲームをやろうと思うか、それとももういいかなと思うかは自分でも良く分かりません。少なくとも今の気持ちは前者ですけどね。でもきっと時間ができても、もう昔のようにゲームの世界にはまることはできなくなっているんじゃないかという気が、なんとなくします。考えなきゃいけないことが他にいっぱいあるので。
そういう意味で、映画は大人でも楽しめる娯楽だなあと、このごろ再認識しています。2、3時間で完結するのがとにかく良い。しかもその間は誰にも邪魔されずどっぷり世界に浸れます。ただ、玉石混淆ですので、観てみるまで面白いかどうかわからない。もしかしたら時間を無駄にするかもしれない怖さはちょっとあります。今年は当たり年だったかな。

あとここ数年、仕事が本当に面白くなってきていて、基礎をもう一度勉強しなおしたりしています。大学時代に敬遠していた連続体力学と、オブジェクト指向の言語をひとつは覚えておきたかったのでC#。ここで紹介するものじゃないとは思いますが、前者は良書だと思います。C#は実際に仕事で使うのが来年からになるので、今後も継続的に勉強することになる予定。手習いに会社でこっそり単純なゲームでも作ってやろうかと画策しているのですが、やっぱり余裕がないですね。

最後に、来年はできれば本を読みたいです。とくに中公新書などのノンフィクションが読みたい。そっち系で何かオススメのものがありましたら教えてください。知的好奇心を満たしてくれる内容であればジャンルは問いません。

例によって支離滅裂な内容でしたが、今年はこれで終わりです。
いつもお付き合いくださいましてありがとうございます。
来年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

|

« 『AVATAR』 | Main | デモンズソウル »

Comments

あけましておめでとう。
仕事が面白いのは良いね。わたしは最近マンネリ化してきていて、なんとか打破したいところ。
新書では有名なやつで「生物と無生物のあいだ」、古いけど「ゾウの時間 ネズミの時間」とか面白かったよ。

Posted by: ササキ | January 01, 2010 at 16:13

やあ、お帰り。おめでとう。
CAEは発展途上の技術だからやり甲斐はあると思う。ただ、厳密な理論よりも利便性を重視するから、アカデミックな研究とは一線を画してて、いい加減な部分をどうまとめるかが難しい。そっちは理論がかっちりしてて難しそう・・・っつっても工業につなげる部分は曖昧なところもあるのかな。
「ゾウの~」は昔読んだよ。あの本は面白かったな。「生物と無生物のあいだ」探してみるよ。ありがとう。

Posted by: 通りすがりの管理人 | January 02, 2010 at 20:31

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45764/47169931

Listed below are links to weblogs that reference 年の瀬のご挨拶2009:

« 『AVATAR』 | Main | デモンズソウル »