« 徒然なるままに3/22 | Main | 徒然なるままに3/24 »

ミッションクリア型FPS

隊長からのオススメで『Enemy Territory: Quake Wars』というゲームの DEMO版をやってみました。ちょいと古めのFPSですね。基本はBF2と同じで、クラスによる役割分担が明確なタイプです。ただ、Objectiveと呼ばれる目標 (ミッション)に沿ってゲームが進行するところが少し違います。橋を架けたり、重要な兵器を援護したりと、そのときそのときでやることが明確になっていて、それに合わせて各プレイヤが適切な行動をとる必要があります。ちなみに相手チームはそのObjectiveを阻止するのが目的で、お互いのチームワーク同士がぶつかり合う、といった趣向になっています。

これまでのFPSは、よほど統制のとれた集団でない限り、チーム全体で計画的に動くことは難しかったように思います。ともすると、散発的に特攻しては死に、re- spawnしてはまた数人で特攻して死ぬ、といった効率の悪い波状攻撃を繰返す光景が往々にしてみられます。たとえ本来のコンセプトが軍同士の戦いを再現するものであっても、実際のプレイヤ同士の動きは、まともな軍隊のそれにはなかなかなりません。ベテランチーム同士の戦いともなれば一味違うのかもしれませんが、そのような気合の入ったプレイを楽しめるようになるまでには、様々な意味で労力が必要でしょう。

その点、ETQWはゲームシステムがチームをある程度統率してくれるので、初心者でもちょっとだけ組織の一員として戦ってる気分が味わえます。ただし その分、自由度は減るので人によっては「遊ばされている」と感じてしまうデメリットはあるし、ゲーム進行のパターンができてしまうので飽きも早いかもしれません。そういった欠点はあれど、とりあえず少し遊んだ感じではなかなかに好印象でした。

難点としては、英語環境しかないので本格的に遊ぼうと思ったら慣れるまで時間がかかるかもしれないこと。それから、できればリアルフレンドと遊んだ方が盛り上がるんだろうけど、そういう仲間が見つけ難いことかな。見知らぬ人たちと遊ぶと、どんなにシステムがチームワークを要求してても、やっぱり散漫な動きになりがちなんですよね。なんかもったいない感じです。

参考までにETQWの魅力を紹介しているページ

|

« 徒然なるままに3/22 | Main | 徒然なるままに3/24 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45764/44431313

Listed below are links to weblogs that reference ミッションクリア型FPS:

« 徒然なるままに3/22 | Main | 徒然なるままに3/24 »