« March 2008 | Main | May 2008 »

ギレンの野望(ジオン公国編 第二部) その2

112ターン目に突入。
恐ろしいほどのスローペースでプレイしております。

現在の勢力図は以下のような感じ。
Gihren0804121
Gihren0804122

どうでしょうか。意外と善戦してると思います。
実際、前回お伝えしたようなあまりの戦力差に劣勢を覚悟していたんですが、どうしてどうして、頭を使って戦えば開発レベルが低くても案外いけることが分かりました。あと全ての敵がジムクウェルとかジムIIとかではなくて、例えば地球圏ではアクアジムのような旧世代のモビルスーツが混じっていたりするのも助かってます。
唯一どうしようも無かったのが、例のアムロ兄さんが乗ったフルバーニアンと某金髪野郎のリックディアス(裏切り者め!)が同時に襲ってきたときで、ザク改やリックドムIIでは手も足も出ず、仕方なく旧ザクをバラバラにして包囲し、ガス欠を誘ってなんとか撃破しました。こちらも相当な被害を受けましたが、重要拠点が落とされるかどうかの瀬戸際だったので背に腹は代えられんといったところ。しかしアムロ兄さん強すぎませんかね。6ユニットぐらいで一斉射撃しているのに、一発もかすらないってどういうことですか。しかも反撃で通常の倍ぐらい攻撃してくるし・・・それで消費エネルギーが同じっていうのも納得いきません。ニュータイプだからって優遇され過ぎです!(←涙ながらの訴え)

ところでいくつか失敗もしてまして。

一つは地球圏でビグザムを大量生産したら重力にとらわれて移動があまりに遅くて使い物にならなかったこと。考えてみれば当たり前な気もしました(笑) 全然使えないわけではないんですが、文字通り運用上の大きな足かせになってしまってます。デカすぎるのか宇宙に打ち上げもできないし。
ただし攻撃力は文句なしに高いので、相手から積極的に攻めてくるような局面ではまさに一騎当千の活躍を見せてくれます。問題は物資ですが補給ラインさえ確保できればかなり持ちこたえられます。今までの最高記録は20対5ぐらいの劣勢を跳ね返したことがあります。オススメはビグザムとファットアンクルをセットで運用すること。「補給」コマンドを上手く使えば即席要塞の完成です。それだけだと辛いのでドップのような撒き餌も必要ですが。
ちなみに第一部で3機生産していたアプサラスIIIも非常に役立ってます。移動が飛行タイプなので地上の重要拠点攻略にも使えるんですよね。
なんにせよ「砲撃」コマンドは強いです。ただ、敵の動きを先読みしながら上手く位置取りをしないと意味が無いってところが難しい。基本的には篭城戦に入った都市上の敵を叩くのが効果的ですかね。

で、もう一つ失敗したのはギャンを量産してしまったこと。ゲルググとギャンどちらか一方しか量産できないこと知らなかったのです。仕方なくギャンを使おうとしたのですが、これがイマイチなんですよねー。なんせ射撃武器のシールドミサイル(時代を感じさせる武器ですね)が命中率低いんです。格闘戦用モビルスーツとはいえもう少しなんとかならんものでしょうか。確かにビームサーベルは強いですけど、接近武器は癖があるので使いづらい。対艦船では悪くないんですけどね。
というわけで次期主力MSが定まらず、将来に不安があります。ガルバルディβとかそのあたりになるのかなあ。量産できるのはいつになるやら・・・。

とりあえず月のグラナダで復活しているアムロと某金髪をどうするかで今あたまを悩ませております。またガス欠作戦しかないのかも。肉を切らせて骨を絶つみたいな作戦で、正直あまり好きではありません。困った。
(あ、そこでビグザムか!?)

 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

たまには漫画の話でも(その2)

久しぶりに漫画の話。このカテゴリのエントリーは2回目です。だからどうしたとか言わないで。

『それでも町は廻っている』
ほのぼの漫画ですね。一年以上前、気まぐれにAmazonで買ったという個人的に珍しい購入経緯の本。実は最初あまり面白いと思わなかったんですが、最近読み直してたらジワジワきました。ジワジワ。そんな漫画です。なんか気に入ってしまったので、新刊も買ってしまいました。考えてみると今集めてる漫画はコレと『のだめ』ぐらいです。『皇国~』は終わっちゃったし『FSS』は作者が飽きたみたいだし。あ、ウソだ、『よつばと』も買ってます。三つか。

最近あまり漫画読まなくなりましたね。時間がないのが一番の理由ですが、たまに雑誌とかぱらぱらめくっても琴線に触れるものがない、ってのも大きな原因な気がします。たぶんおっさんになって新しい感性についていけなくなったのでしょう。アニメはずいぶん前からその状態。音楽も、たとえばJ-POPはついこの前までオリコンTOP10の9割ぐらいが聞いたこと無いアーティストで埋まってました。最近は休日にJ-Waveを聞くようになって割とましになりましたが、一時期はTV番組で曲紹介されてても、そのテロップのどっちがアーティスト名でどっちが曲名なのかが分からない有り様で我ながら末期だと思いました。もう少ししたらそんなことにも気にならない状態になってたかもしれません。まあ正直すでに分からなくなってもいいやという気分で、ああ、これがおっさんになるということかと思ったりもしました。なんか違う気もしますけど。

ちなみに小説と映画とゲームだけはまだその心境に達していません。未だに新しいものも好きです。っていうか、これらのジャンルって保守的な作品がまだあるからかもしれませんね。小説も一部のカテゴリにはもうついていけない気分ですし。

どれも受け付けなくなったら人生つまらなくなるだろうなぁと、この前ちょっと物思いに耽りました。
考えたくないですね、そんな状況は。懐古主義はそろそろ改めないといけないのかもしれません。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

ギレンの野望(ジオン公国編 第二部)

最近のジオン公国の状況について。
現在第二部に入って2ターン目です。

まず、宇宙の勢力図。
Gihren0804021

そして、地上の勢力図。
Gihren0804022

静止画なので分かり難いですが、宇宙はサイド1とサイド4およびグラナダから激しく攻め込まれています。あと地球圏の上空も2箇所ほど攻撃されてたかも。地上はロシア2とカザフスタンに攻め込まれ、逆にヨーロッパ3とアフリカ3に攻め込んでいます。大西洋はゴッグ部隊で比較的簡単に占領できました。

ティターンズもエゥーゴもかなり好戦的で正直言ってかなり苦戦しています。なんせ第一部を適当に終わらせてしまったので、開発レベルがオール12とかなのです。(実際には10ぐらいだったと思うんですが、第二部に入ったら勝手に上がってた)

現在の戦力差はだいたいこんな感じ↓

【ティターンズの主力】
 ・ジム改
 ・ジムII
 ・ジムクゥエル

【エゥーゴの主力】
 ・リックディアス
 ・ガルバルディβ
 ・パワードジム

【我がジオン軍の主力】
 ・グフカスタム
 ・ザクIIC型
 ・ザクIIJ型
 ・旧ザク

紙のようにやられていきます。

余談ですがさっき、宇宙エリアでギレン閣下の騎乗したザクIIS型を含む3スタックユニットがGP01フルバーニアンに遭遇し、狂ったようにビームライフルを乱射され一瞬のうちに壊滅しました。策敵してみたら搭乗者はかのアムロさんです。そりゃ勝てません。頼みの綱のキャスバル兄さんは第二部に入ったとたん行方不明だし、どうすりゃいいんですかね。
今のところ我が軍でそこそこ対等に戦えているのは、ザク改とリックドムII、イフリート改ぐらいのもんで、あとは時間稼ぎに特攻かませるぐらいにしか使いどころがありません。旧ザクなんて時間稼ぎにもなりません。あ、唯一、ララァの騎乗したエルメスは別格です。あれは鬼神のように強いです。射程が3もあるので、慎重に運用すれば一方的に攻撃も可能です。おかげでア・バオア・クーは今のところ安泰。あとは製造を急がせているビグザムでどこまで押し返せるか・・・といった感じです。

ぶっちゃけ敗色濃厚なのですが、こういった劣勢からの挽回が燃えるというマゾい性格なのでこのまま進めてみることにします。目下のところ、ビグザムの大量生産で2ターン目にして資金が底を尽いているのが悩みどころ。臨時徴収をするしかないかなあ。

 

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »