« August 2007 | Main | October 2007 »

架空世界を往く (そして伝説へ・・・)

(以下、The Elder Scrolls IV:OBLIVION のネタバレが若干あります)

チマチマと進めていたOblivionですが、昨日ようやくメインストーリーが完結しました。
・・・と思います。

歯切れの悪いコメントですが、少なくとも話の展開的にはひと段落したはずなので、終わりのはず・・・。従来のRPGみたいに、じゃじゃーんとエンドロールが流れないので、どうもスッキリしないんですけどね。まあメインストーリーなんて飾りって位置づけっぽいから、これはこれで納得できる演出ではあります。

ネタバレになるため途中経過が書けませんでしたが、私としてはかなり楽しめるストーリーでした。中盤、各都市を巡ってOblivionのポータルを閉じる場面があって、そこが少し中だるみしてるかなと思う程度で、その他はテンポも良く、盛り上がり方も申し分なかったと思います。
嬉しかったのは無駄に長くなかったこと。一日30分~1時間ぐらいのプレイでも、効率よくやれば2~3週間かからずにクリアできる短いストーリーでした。

自分は、どこの馬の骨ともわからない主人公が悪の親玉を倒して世界を救う、という王道的なプロットがあまり好きでない(というかもう飽きた)ので、今回の決着のつき方はとても好感がもてました。世界的な危機なんだからもうちょっと各都市が全力で兵隊投入して戦えよと思わないでもないですが、そのあたりはRPGというゲームシステムの限界でしょうか。リアリティを追求しているタイトルの割には少しお粗末な気もしましたけど・・・。もっともこういう問題は従来からあることだし、昔はそういうところを脳内で補完して遊んでいたんですよね。最近のゲームはリアルで細かく描写されるようになってきたので、逆に脳内補完を阻害されている気がしないでもないです。

ちなみに、戦闘は途中からちょっと厳しかったです。特に20レベルを超えたあたりから敵の数が多くなって閉口しました。召喚魔法を使ったチキン戦法でも何度も死んだので(私がヘタレなだけかもですが)、ガチンコの騎士様をはじめ肉 弾戦オンリーな方々は相当苦労するんではと思います。なるほど、どんなにとっつきやすいゲームシステムになっても、洋ゲーは洋ゲーだなと思った次第。セカンドプレイは素直に難易度を下げるか、MODを入れようと思っています。

余談ですが、毎度のことながら洋ゲーの魔法使いって最後は異常に強くなる。これはD&Dの頃から変わらない伝統です。
だけど、やっぱりファンタジーの主人公は騎士様なんですよね。
メインストーリーの最後のクエストでもらえるご褒美にそれが表れていたような気がしました。

Ob0709301

かっこいー!
けど、重量オーバーで動けません。

嫌がらせですか。

 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

俄かNFLファンの戯言(Week3)

しょぼーん。

また35yのFG外してるし・・・。
135yも反則で罰退されてるし・・・。
せっかくホームだったのに・・・。
Oblivionでもやろうかな・・・(←逃避)

めずらしくオフェンスが調子良かったんですけどねえ。殴り負けってのは悔しいものです。
しかしパンサーズのフォスターは素晴らしいHBですね。ゴリゴリと前進するあのランプレイは敵ながら見ていて惚れ惚れとしてしまいます。ウチのランディフェンスにも問題がありそうですが、どちらかというとフォスターと周りのブロッカー達が平均以上の仕事をしていたように見えました。パンサーズのラン攻撃は要注意ですね。

例によっていろいろなミスも悔やまれますが、結果的には実力で負けた一戦だと思いました。ただQBを含めたオフェンス陣が、ようやく自分たちのペースを掴んできたように見えるので、次は期待できそうな気がします。
気持ちを切り替えてWeek4を待ちたいと思います。次はテキサンズ戦、恐らくアウェイです。

 

とくにもかくにも、早く一勝をあげて欲しい・・・。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

俄かNFLファンの戯言(Week2)

Week2に入りました。

アトランタ・ファルコンズはAFC地区のジャクソンビィル・ジャグワーズとオールテル・スタジアムで対戦。ホームだと思ってたらまたもやアウェイですこんちくしょう!
しかしNFLって同地区内でずっと戦うわけじゃないんですね。ファルコンズのあるNLC南地区はこれといった強豪がいないのでラッキーだと思ってたのに残念。地区優勝は戦績トップのチームに贈られる模様ですが前回のような戦いっぷりでは望むべくもない気がします。ファルコンズにおきましては、とりあえず一つ目のTDを早く取っていただきたい。話はそれからです。

んで、今回のサマリーはこちら
個人的な総括と致しましては、『11対11で戦っていたと思ったら、実は10対12だった』という感じでキッカーのM・プレイターには軽い殺意を覚えました。貴様はジャグワーズに幾ら積まれましたか?
100歩譲って43yのフィールドゴールを外したのは目をつぶるとしましょう。NFLの大舞台ともなればプレッシャーも並大抵ではないんだろうし。でもね、第3クォーターのアレはやり過ぎ。26yであの外し方はなんですか?正直、目が点になりましたよ。お茶飲んでたら確実に噴いてたと思います。実況と解説なんて2人で爆笑してましたしね。『靴を左右間違えて履いてるとしか思えない』とか言われてましたが、激しく同感です。もう笑うしかない。せっかく2Qにダンの華麗な初TDで逆転して盛り上がってたところだったのに、まさかのFGミスで空気がドンヨリ。すぐに再逆転されて、そのまま良い所なしでゲームセット。終盤にはQBのハリントンが順調に被サック数を増やし、ついには自己最多記録の7回をマークするに至って、このチームを贔屓にすると決めたことについて本気で後悔しそうになりました。
しかしこんなショボイ状態でも大敗を喫しなかったのは、相手チームもたいして調子が良くなかったからなんでしょうか。なんだかいろいろな意味でみっともない試合だったように思います。
とりあえず今回はダンの素晴らしいTDシーンだけを記憶に残してあとは忘れることにします。

ちなみに戦犯のM・プレイターはこの試合のあとあっさり放出(要するに解雇)されたそうです。さすがに行動早いですね。あとQBもベテランのレフトウィチとかって選手と新たに契約して、早くも先発交替の兆しをみせているそうな。こりゃあもう今シーズンは試行錯誤の年にするしかないですな。

余談ですが今回のG+、実況と解説の掛け合いがなかなか良かった。
特に以下の会話。

 

解説:「うーん、何とも言えません。」
    (沈黙)
解説:「何とも言えません」
実況:「・・・?何について何とも言えないんですか?」
解説:「今のチアリーダーのショットに対して何とも言えません」
実況:「プレイに対して解説をお願いします」

 

ちょっとだけ和んだ。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プラグを交換しました

連休の2日目。
奥様からお暇を頂いたので、今日はバイクのメンテナンスをすることにしました。メインはプラグの交換とエアクリーナーのチェック。本当はエレメントの交換もしたかったのですが、南大沢の2りんかんへ行ったら売り切れだったので、今回は状態の確認のみ。

まずはシートとサイドカバーの取り外し。
Hornet0709161
4箇所のネジを外すだけの単純作業です。

問題はタンクの取り外し。
Hornet0709162
赤いコネクタを外します。職業がら、どこ製のコネクタか気になってみたり。外国製かも。

Hornet0709163
見づらいですが画面中央にあるタンクを固定しているネジを外します。
その後、フェールコックらしき部分のチューブを外すわけですが、これが今回の最難関でした。ゴム製のチューブが針金でできたクリップのようなもので堅く止められていて、なかなか外れない。そういえば以前、中野の実家で友人Aに外してもらったときもココで苦労してたなあ、などと遠い思い出が頭をよぎりつつ、炎天下の中、顔を真っ赤にしながら小さなクリップと格闘。どうしてバイクのメンテナンスをする日はこうも暑いのか。
まあ、そういう日を選んでる自分が100%悪いんですけども。

頭の血管が切れそうになりながら奮闘すること30分。
Hornet0709164
と、とったぁぁああ!!(ぐったり)

Hornet0709165
ここまでくればあとは比較的簡単。

プラグに被さっているゴム製のチューブまわりを綺麗にし、ゴミを無くします。プラグはエンジンのシリンダー内に突き出ているわけですから、ここをあけるということはエンジンの中枢に穴をあける作業に等しくなります。もしシリンダ内部にゴミでも転がり落ちようものならもう大変。そんなことにならないよう注意深くお掃除。本当はエアダスターとかってスプレーみたいなのがあると楽らしいんですが、んな贅沢なものはないのでストローでふーふーしました。
で、ゴムチューブを引っ張り、奥のプラグをプラグレンチで外します。

出てきました。1番手。
Hornet0709167
言うまでもないですが左が古いプラグ、右が新品です。もろにかぶってますなぁ・・。煤けてるし、もっと回転数あげて走れってことでしょうか。うーん、新しいプラグは1番下げたほうが良かったかも、とか思ったけどもう遅い。

2番。
Hornet0709168

3番。
Hornet0709169

4番。
Hornet07091610
全体的に角もまだあるし、減ってる感じでもなかったので、まだまだ走れたかもですね。
まあ今回は練習と言うことで。

せっかくタンクを外したので普段見えないところをいろいろチェック&お掃除しました。
Hornet07091612

それから忘れちゃいけないエアクリーナーのチェック。
Hornet07091613
まずはネジを3箇所とってカバーを外します。

Hornet07091614
カパッっと簡単に外れます。
これ、タンク外さなくても出来ますな。

中にはこんな筒がはいっとります。これがエレメントってやつですね。
Hornet07091615
小さなゴミがいっぱい付着していたので、トントンと叩いてできるだけ落としました。
本当はちゃんとツールを使って掃除したほうが良いんでしょうが、近いうちにリプレイスする予定なので、今回は簡単に。
ちなみにちょっとオイル臭かったです。多少ブローバックしてるんだろうか。よく分かりません。
あらかた綺麗にしたら元通りはめ直してチェック終了。

ついでに先日購入したNEVR-DULLであちこちの金属を磨き上げる。この作業が結局一番時間がかかった。

そして・・・・
Hornet07091616
元通り組み立てて全て終了です。作業時間は全部で3時間ほど。プラグ交換だけなら1時間かからないですね。(慣れれば)

このあと近場をぐるっと流してきましたが、正直プラグ交換する前と特に違いは感じず・・・。でも心なしか始動は滑らかになったような気がします。

あとエレメントを交換したら、とりあえず基本的なメンテナンスは一巡ですかね。ネットで購入すると送料とかで結局高くついてしまうので、近くの店をあちこち探してみる予定です。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

俄かNFLファンの戯言(Week1)

待ちに待ったNFL開幕のときがやってきました。実はもう2日ほど前にとっくに開幕しているのですが、どうにも時間がなくて更新が遅れ気味。

さておきここで我等がアトランタ・ファルコンズの現状をおさらいしておきましょう。例によって面倒くさいので箇条書きです。

 ・ 新HC(ヘッドコーチ)ボビー・ペトリーノを迎え戦術一新
 ・ 木下選手は残念ながらロースター入りならず
 ・ エースRBウォリック・ダンが怪我からギリギリ復帰
 ・ スター選手だったQBのマイケル・ビィック、闘犬で捕まる

良い感じに微妙な空気が漂っております。ファン一年目にして早くも試練のときですか。だいたい贔屓チームにする決め手だった木下選手がチームに残れなかった時点でもうファルコンズである必要もなかったのですが、これまでMaddenNFLでずっと使ってたチームでもあり、せっかく選手の名前も覚えて愛着も沸いてきてたことですし、たいへん幸先の悪い状況ではありますが、このまま突っ走ることにしました。
ちなみに木下選手が残れなかったのはある程度順当なことだったとの見方があり、それは純粋にWR枠の他のライバル達がより優秀だったこともあるし、また語学的な部分での問題も無視できない要素だったと言われているようです。よく分かりませんが体格も言葉も不利な日本人がNFLという舞台に立つためには想像を絶する努力をした上でなおかつ才能と運に恵まれていないといけないようです。これにめげずに是非来年も挑戦して欲しいところです。

というわけで昨日、満を持して開幕戦を視聴しました。アトランタ・ファルコンズ対ミネソタ・バイキングス。場所はヒュバート・H・ハンフリー・メトロドーム。アウェイです。
当地では日曜日のお昼でしょうか、G+でLive放送してたのですが時差で日本では日曜日の深夜1:45からという厳しさ。仕方なく何年ぶりかのビデオ録画をしました。
(※9/12記事訂正、マンデーナイトフットボールは勘違いでした)

えー、それで試合結果なんですが、とりあえずサマリーはこちらを。
要するに惨敗ですわ。それ以外に表現のしようがない。自分のような素人から見ても力の差は歴然としていました。
だいたいなんだあのサック数は。一試合で6回って、まるで初めてMaddenNFLをプレイしたときの自分のようです。違法闘犬疑惑でパクられた前QBを意識してるのか知りませんが、スクランブルが多すぎる。特に終盤。地上戦も全体的に精彩を欠いていたし、パスプレイはほとんどロング無し。いや、それがペトリーノ新HCのカレッジ戦略とやらなのかもしれませんが、それは成功率の高いショートパスを繋げて確実に前進するのが目的じゃなかったのか? 3rd down conv 50%って良い方なの?うーん、よく分かりませんが、ファンはもうちょっと大胆なプレイも見たいんですよ。たまにはビッグプレイも望めるようなタクティクスを選択していただきたい。
まあしかし、この初戦に関してはファルコンズの動きが悪かった以上に、バイキングスの選手が好調だったようにも見えましたね。特に新人RBのE・ピーターソンが凄かった。どんなジャイロ内蔵してんだってぐらいのボディバランス。一人や二人のタックルでは絶対に倒れない。あれよあれよという間にファーストダウン獲得ですよ。ほとんどあいつ一人にやられたといっても過言ではないように思えます。
それとアウェイの厳しさもよくわかりました。アメフトは戦術命のスポーツです。毎プレイごとにHCの指示を受け、チーム全体が決められた動きを完璧にこなすことでゲームが成り立っているのです。ところがアウェイではQCがHCの指示を伝えようとするとき、観客の大きな声援によってかき消され、意思の伝達を邪魔されることがあります。これをクラウドノイズといい、一般に認められている行為です(ある程度までは)。この試合でも歓声にかき消されてチームの意思統一が乱され、フォルス・スタートの反則を何度も取られました。仕方のないこととはいえ、見ていて非常に悔しいものでした。

ということで、全体的にかなりガックリな試合でした。でもなんだかんだ言って、これまでゲーム画面でしか見たことのなかった選手たちが、生き生きと動き回っている様を見るのは面白いものですね。なんかファンタジーゲーム好きの人間が始めてヨーロッパ旅行をして、まるでゲームみたいだと感動するのに似た本末転倒ぶりも感じますが。

次の試合は9月18日(日)。対ジャガース戦。今度はホームです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« August 2007 | Main | October 2007 »