« 今までありがとうございました | Main | ジワジワ来てます »

『容疑者Xの献身』読了

(注意! 未読の方はこの先読まないでください)
 
 
んー、東野節が炸裂してましたね。なかなか楽しめました。
この人の作品は何かあると思って読んじゃうので、どんでん返しで「エエエーー!!」とはなりませんでしたが、相変わらずよく考えてあるなあと感心しきり。このクオリティで量産できる作家さんて、なかなかいないんじゃないでしょうか。いや小説界ぜんぜん詳しくないですけど。

数学に関してのくだりは、やはり森博嗣の作品を彷彿とさせられました。特に「数学が何の役に立つのか」ってところ。率直に言ってこっちの回答の方が嫌味もなく正論だと思います。森博嗣は奇をてらい過ぎていて鼻につく感じ。

それはそうと、この手の作品でトリックにいちゃもんつけるのはヤボだと思いつつ、なんとなくシックリしなかったのが以下の点。
(激しくストーリーばらしてるので注意)
 
 
 
 
後から本命の死体が見つかっても、既に死んでいる(と考えられている)人なので身元が特定されることはない、というくだり。実際どうなんですかね。身元の照合方法にもよると思いますが、既に死亡している人のデータとは照合しない、とは限らないんじゃないでしょうか。それにDNAで鑑定するには時間がかかるので、その頃には容疑者Xさんの刑は確定しているだろうから覆しようが無い、という点もちょっとひっかかりました。時効にならないかぎり、新しい証拠が見つかれば捜査し直すのではないのかな?もう犯人はXさんに確定しちゃったから、この話は終わり、とはならない気がします。そういうもんじゃない?ま、どっちにせよ些細なことですね。


次は和風ファンタジーに挑戦予定です。

|

« 今までありがとうございました | Main | ジワジワ来てます »

Comments

東野圭吾さんの小説は大好きです。
短編も長編もシリアスもおばかなエッセイもおもしろい。
赤川次郎並に量産してほしぃ~
とおもしろい小説見つけるたびに思ってます:D

Posted by: mame | July 22, 2007 at 22:54

おー、まめさんもミステリ読むのね~。
東野圭吾は安定して面白いよねえ。
とかいって最近のはほとんど読んでなかったけど・・。
個人的には百夜行が好きかな。
ヒロインの悪女っぷりがたまらなかった。

Posted by: 通りすがりの管理人 | July 23, 2007 at 00:37

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45764/15828753

Listed below are links to weblogs that reference 『容疑者Xの献身』読了:

« 今までありがとうございました | Main | ジワジワ来てます »