« May 2007 | Main | July 2007 »

『ドラゴンランス戦記』読了

いやー、泣いた。こんなに泣ける話でしたかねってぐらい泣きました。いったいどこで?と既読者は驚かれるかもしれませんが、細かいところで何回も目頭が熱くなったりしました。主にフリントとタッスル関係とか。あとタニスの苦悩とか。ベタなんですけどねえ。
最近、涙もろいんですわ。歳ですかね。もう浅田次郎の作品とかまともに読めないかも。電車の中で号泣とか。超不審人物です。

さておき、この作品は再読なんですが以前読んだときとイメージがずいぶん違いました。
こんなにアメリカンでしたか?みたいな。必要以上に大げさな修飾語とかブラックなジョークとか満載ですしね。まるでハリウッド映画を観てるようでした。エンターテイメント性が高いので読みやすいんですが、まあ指輪物語みたいな古典と比べるとノリの軽るさが人を選びそうな感じでしょうか。とりあえず私の中で「アメリカンライトファンタジー」と勝手に銘打っておくことにしました。恐らく誰も使わないカテゴリです。
どーでもいいんですが、異世界で生まれ育った人格がなんであんなにアメリカンなんだよってツッコミは誰もしないんですかね?人間だろうがエルフだろうがドワーフだろうがノームだろうが、みんなアメリカンな性格をしているのですが。たぶん舞台になってるアンサロン大陸は北米のどこかにあるんだということで納得しておきました(自分の中で)。

ちなみにこの作品には『ドラゴンランス伝説』という続編があるのですが、こちらは何故か5、6巻にプレミアがついていて、気軽に買えない値段になってたりします。4巻まではなんとかゲットしたのですが、どうにも残りの2冊が買えそうにありません。仕方ないのでいつか折をみて神田の古本街へ行こうかと思っています。
どなたか安く売ってるところをみつけたら教えて下さい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

アリオッホはやめてほしい

今度こそ本当でしょうか。

何度か噂が流れては消えた企画らしいですが、今回はそれなりに大きく報じられてるみたいなので、実現性が高いのかも。
ムアコックの小説はコルムしか読んだことがないんですが、映像表現にはあまり向かない作風だった記憶があります。いや、正直そんなに覚えてないんですけど。淡々というか枯れた味わいのある作品だった印象あり。たぶんエルリックシリーズもそうなんじゃないですかね。
ハリウッド的な「派手派手」「イケイケ(死)」作品にしてしまってファンの暴動が起きないことを祈るのみです。

どうせ映画作るならどう考えても『ドラゴンランス』のほうが向いてると思うんだけどなあ。。。まあ、アレみたいになるととても悲しい思いをするので、作らないでいいです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

装備も経験値も足りません

今日はバイクのチェーン清掃をしました。

実は先週、職場の主任Aからチェーンクリーナーとオイルをもらいました。ちょうど余っていたから、ということだったんですが、けして安いものではないので恐縮しきり。と同時に非常に嬉しかったです。なんせ今は財政難ですからね。。。今度何かお礼をしなければと思っています。

ちなみに主任Aは年季の入ったバイク乗りで、DucatiとBMW、そしてHONDAのカブを乗り回し、毎年の長期休暇には世界各地のバイクツアーに参加されている古強者です。生きた鳥をカゴに入れて荷物を運ぶトラックに載せ、キャンプ時はシメてその場でさばいて料理とかワイルドな話題が豊富。何気に好きな人です。

それはさておき、いただいたチェーンクリーナーを早速試してみることに。
用意したものは古布と新聞にはさまってた広告紙、セロテープ。説明書にタイヤなどの関係ないところにクリーナーがかからないようにと書いてあったので、広告紙を使ってマスキングしました。そしてチェーンにクリーナーをたっぷり吹きかけ、古布でゴシゴシと擦ります。
と、数分で古布が真っ黒に。これまで不精してたツケでしょうか拭いても拭いても汚れがとれません。そこでクリーナーに付属していたブラシも導入し、歯磨きよろしくゴシゴシ擦り、クリーナを拭きかけ、また擦る。これを何度か繰り返すうちにやっと、本来の金属の光沢が出てきました。
以上の作業をチェーン全体にやらねばならないのですが、残念ながらセンタースタンドがないために、チェーンの一部を綺麗にしたらバイクを少し動かしてチェーンを回し、掃除してまた少し動かしてとやらねばならず、非常に面倒くさかったです。
2時間ぐらい悪戦苦闘しながらなんとか掃除が終わり、最後にオイルを拭きかけ、古布でふき取りました。これまたバイクを動かしてチェーンを回さねばならなかったのは言うまでもありません。
最後には古布も真っ黒、手も真っ黒。おまけに地面も汚れてしまってこっちの掃除も大変でした。うむむむ(涙)

今回の反省点。

まず道具が足りない。
チェーン掃除では最低でも次の物は欲しいです。

 ・古布かウエスを大量に
 ・バット(地面を汚さないように下に敷く)
 ・センタースタンド

最後のスタンドが一番重要な気がしました。これがあるとないとでは効率が全然違うと思います。
あと、できれば専用ブラシも欲しいですね。あとで調べたらこんなやつがあるらしい。今回やってて分かったんですが、チェーンは裏側を掃除するのが結構難しいのです。三面磨けるブラシがあれば確かに便利だと思いました。

次に経験値が足りない。
オイルを塗布したあとは乾いた布で拭くと書いてあったのですが、今回は拭き方が足りなかったらしいです。ちょこっと試運転をして戻ってみたら、チェーンまわりに黒いオイルが飛び散って酷いことに(号泣)結局前より汚くなってしまいました。。。元の木阿弥とは正にこのこと。どうやらガッチリ拭き取らないとダメっぽいですな、ちくしょう!
ま、RPGで言うと今の私は隣村を荒らしまわっているゴブリンも退治できるかどうかのレベルですから仕方ない。

次は絶対に失敗しません。
 

| | Comments (0) | TrackBack (4)

« May 2007 | Main | July 2007 »