« ベルウィック日記(11) | Main | プリズマティック(1) »

ベルウィック日記(12)

■Ⅵ章「前線の街」
ロズオーク公爵の孫娘エニードが母親を助けろと言ってきました。よくわかりませんが王都の北の町に取り残されているらしく、今にも帝国軍に襲われそうなんだそうな。前章は南、今回は北ですか。そんな間近にまで攻め込まれてベルウィック同盟は大丈夫なのかと心配になってしまいますが、まあ山賊退治とかが主な任務である我々には関係の無いことですね。けっ。
例によって今回も正規軍が動かせないとのことでシノン騎士団にお鉢が回ってきました。ピラミッドの底辺にすら所属していない気がしてきた今日この頃です。

正規の団員が増えたおかげで前章あたりから出撃枠に誰を入れるか悩むようになってきました。本当は成長して強力になった傭兵達を使いたい。けどお金がかかるので、正規団員を出撃させて倹約したくもある。が、負けたらそれまでだし、そんな余裕があるのか分からない。それと盗賊や飛行ユニットは今回必要なのか・・・などなど、悩みは尽きません。一度ミッションスタートして状況をつかんでから編成し直したいところですが、リセットなしの足枷によってそれもできないのです。
仕方ないのでジレンマを感じつつも何が起きても一通りは対処できるような編成でスタート。器用貧乏ってたいがい失敗するんだよなー。

MAPの中央にエニードの母親がいる街があり、そこから東西南北に街道がのびています。情報によると帝国軍は北と西、南から攻めてきているとのこと。住人が逃げ切るまで街を守るのが目的です。自軍を適当に3つに分け、それぞれ3方向を守らせます。エニードはひたすら住民に逃げるよう説得。
序盤、西からの攻勢が激しく、危うく死者が出そうになるも、足の速い騎兵をまわしてなんとか持ちこたえます。例によって住民は一撃食らうと即死のHPしかありませんので、とにかく敵の射程範囲に入れないよう注意。ぶっちゃけ1、2人死んでもいいやぐらいの気持ちでしたが、努力はしたいところです。
川向こうの住人を全て逃がしたところで橋まで後退し、ダウドに弁慶よろしく守らせます。押し寄せる帝国兵は「粉砕」コマンドで文字通り粉砕。これがなかなか気持ち良い。途中シザーアックスとかいう致命率の高い武器を装備したユニットが3回ほど攻撃してきましたが、運よく致命攻撃は発生しませんでした。発生してたらさすがのダウドでも即死だったと思います。こういうのって本当に運ですね。良く言えば現実的なんですが、死んだら終わりのシステムでこれはシビアだとか思いました。

西の守りはダウドとシスターに任せ、北と南に兵力を振り分けます。数ターンの間、特に問題なく敵を捌いてましたが、撤退完了まであともう少し、というところで南から新手の騎兵が。一騎は雷の矢を装備したアーチャー。もう一騎はランスナイトです。ついに出ました。
暗い気持ちになりながらランスの射程に入らないよう自軍の陣を後退させます。ランスは移動量がそのまま攻撃力に上乗せされる恐ろしい武器です。ランスを装備した騎兵の突進に耐えられるユニットはごくわずかしか居ません。長い助走をつけられないよう間合いの調整を試みましたが、AIが意外に小賢しく、必ず一定の間合いをとられてしまいます。そうこうしてるうちに北部戦線に異常が。2人の弓兵とともに民家を守らせていたエルバートが「反撃」スキルもちの敵兵に2回連続でヒットされ瀕死に。2回目の攻撃が当たった直後にターンが切り替わり、もう一撃で死亡確定だったエルバートに薬を飲ませました。
このとき私には、エルバートを助けることしか頭にありませんでした。
次の瞬間、ランスナイトが動きました。
あっと思ったときには既に防衛ラインの隙間を抜けられ、その矛先はなんと住民と一緒に撤退中だったエニードに向けられました。
最大の助走をつけたランスの攻撃力は35。
言うまでも無く、当たれば耐え切れません。
誇張ではなく背筋が凍りました。

命中率49%のその攻撃は無慈悲にも命中し、エニードは初登場MAPであっさり逝ってしまわれました。
そして、そのままゲームオーバー。
あれ?っと思ったら、このミッションの敗北条件にエニードの死亡が含まれていたんですね。
完全に失念しておりました。

そんなわけでシノン騎士団の歴史はここで終わってしまいました。
正直なんで?って感じですが、まあお世話になっている公爵の愛娘を助けられなかったとなると、何かとこの後やっていきにくいということなんでしょうか。国王の敵意から唯一守ってくれていた人ですし。
 
 
かなり不本意な結果ですが、今回のプレイはここで終わりです。
結構面白かったのでまた機会があったらやるかもしれません。
でも今度は攻略本ぐらいみながらやりたいですね。
 
(ベルウィック日記(完))

|

« ベルウィック日記(11) | Main | プリズマティック(1) »

Comments

あっけなく終わってしまったか(笑)面白かったよ。確かにヴルウィックは大きなダメージが出易くて運頼みの要素が多いな。

「暁の女神」はしょぼしょぼ進行中。忙しくてやり直している暇が無いのでゲームオーバー以外の死亡は放置することに。2面で5人くらい逝ったかなぁ。弱い奴から死んでいくのよね~。シスターは痛かったけど、なんとかやっとる。FEシリーズではストーリー一番面白いんじゃないかな。

Posted by: Lizay | March 21, 2007 at 17:35

終わっちゃったよ。凄い悔しかった。
注意力が散漫な人間には辛いゲームだとか思った。
でも俺にしては頑張った方だと思う。

暁は面白いらしいな。
まだ終わってなかったとはちょっと意外。仕事忙しいのか。
いつかできることを願ってるが
とりあえず引越しが先だー。

Posted by: 通りすがりの管理人 | March 21, 2007 at 20:35

EQライフというタイトルとネタの関連性を述べよw
すっごい違うゲームにぬりかえられてるやーん!

Posted by: にまーめ | March 22, 2007 at 23:28

EQとベルの共通点といったらマゾいところ?
え、そんなことは聞いてない?

すんません。浮気はほどほどにします。。。

Posted by: 通りすがりの管理人 | March 23, 2007 at 00:23

The comments to this entry are closed.

« ベルウィック日記(11) | Main | プリズマティック(1) »