« ベルウィック日記(2) | Main | ベルウィック日記(4) »

ベルウィック日記(3)

続きです。

■Ⅰ章「若き騎士たち」(出撃依頼)
川に毒を流してる不届き者を成敗せよとのシスターのご命令をうけ、水源の山に向かいます。難易度がEなので、今回も余裕っぽいですが、出撃数が5騎までとなっていて結構悩みます。基本的にはずっと使う贔屓ユニットを決めて出したい。しかし手塩をかけて育てたユニットが何かの拍子に死んだとき、残ったユニットがレベル低かったりすると、そこで終了になる可能性もあるわけで。まんべんなく育てるのが良いか、それとも少数精鋭か・・・悩みどころです。とりあえずレベルが低い方が同じ敵を倒しても取得経験値が多いというお得感を重視して、今のところは「まんべんなく作戦」でいくことにしました。

今回は初の索敵MAPです。敵の配置がまったく分からないうえに、序盤は初登場の騎士2人だけ。あまり深い入りしないよう一歩ずつ進みます。と思ったらあっという間に会敵。30%前後の攻撃が順調に当たり、女騎士のHPが早くも残り9に。
幸い次のターンにシノン騎士団が到着。直前に正式入隊したシスターイゼルナの力でなんとか持ち直す。

その数ターン後、味方の到着に気をよくして思わずアデルを突っ込ませすぎ、一度に6体の敵と戦うはめに。しかも戦線の構築など全然できていなかったので、敵が次々と前線を突破。イゼルナに攻撃が殺到。しかしこれまた奇跡的な回避をみせて、すべて避けきる。神がかっていて怖い。運を使い果たしている感じ。
敵がシスターに気をとられてるうちに、後ろからザクザクと攻撃して敵を減らすシノン騎士団。
騎士道など飾りに過ぎません。
 
 
順調に敵を減らしつつ北上して敵のボスを追い詰めます。途中バーサクの魔法を受けて錯乱した奴がいましたが、直前にゲットしていた鎮静剤ですぐさま治しました。親切設計なMAPです。

そして残るはボスを含めた4名、といったところでついに悲劇が。
慎重にHPを削り、とどめを刺そうとしたアデルが命中率85%の攻撃をミス。反撃で暗黒魔法スキュラがヒット。続けて相手の行動となり、当然のごとくアデルが攻撃を受け、またもやスキュラがヒット。

▼アデル戦死
辞世の句はリース様すみませんとかなんとか(ショックでうる覚え)。

さらば待ち伏せスキル。
一番命中率が高く、回避されたときも相手の攻撃が2回連続でヒットしなければ死なない計算でした。
自分なりにリスクヘッジした結果がこれ。
ベルウィック恐るべしとしか言いようがありません。

正直かなりへこみましたが、リセットはしないと決めているのでこのまま進みます。
とりあえずボスを倒せば終わりなので、次に命中率の高い経験値泥棒(シルウィス)に狙撃スキルで攻撃させます。
が、これもハズレ。70%以上の攻撃がスカスカ外れるこのゲーム。
確率から考えてみれば不思議でもなんでもないですが、この大事な局面で!と思うとパッドを握る手が震えます。

仕方がないのでレオンが命中率50%の槍攻撃。これが何とかヒットしてようやくボスが倒れ、MAPクリアです。
相方の無念を晴らしたといったところでしょうか。レオンの目に何かが光っていた気がします(妄想)。
 
 
現在3ステージクリア。
死者1名。

|

« ベルウィック日記(2) | Main | ベルウィック日記(4) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45764/14073397

Listed below are links to weblogs that reference ベルウィック日記(3):

« ベルウィック日記(2) | Main | ベルウィック日記(4) »