« 通勤時間が長いのも悪くないです | Main | ベルウィック日記(2) »

ベルウィック日記(1)

最近流行のニコニコ動画を見ていたら、無性にSRPGがやりたくなりました。できればFEの新作がやりたいところですが、残念ながらwiiがありません。仕方がないのでベルウィックサーガの2週目を始める事に。

というわけで唐突ですがベルウィック日記です。
前回と同じように進めたのでは面白くないので、今回は以下の制約をつけることにます。

1.何があってもリセットは絶対にしない
2.攻略本、攻略サイトその他の外部情報は見ない
3.ゲームオーバーになったら本当にそこで終わる
 (クリアにはこだわらない)
4.集中力を保つために1日1時間以上はやらない

4は正直どうでもいいです。3つだけだと寂しかったので適当に付け加えただけです。まあどうせ平日は1時間できるかできないかぐらいですが。

これらの制限の元、この凶悪なバランスのゲームをどこまで進められるか試してみることにします。
適当にオープニングを流して早速ステージ1を開始。

■Ⅰ章「戦う理由」
勝利条件:館の制圧
東の村が帝国の脱走兵に襲われてるので助けろとのこと。
1ターン目、全員馬から降ろして東に進軍。ノーリセットプレイは資金難になることが予想されるので、馬は温存したいところです。
2ターン目に強制イベント発生。イゼルナとかいうシスターが敵陣から逃げてきます。続けてそれを守る正義の人、ディアン先生が出現。伝統の展開です。

とりあえず敵の真っ只中に突っ立ってても死ぬだけなのでシスターを北に逃がします。当然、殿をディアン先生に、と思ったけど金貨を持った脱走兵が一直線に離脱しようとしてるので思わず欲が出て通せんぼに向かわせます。その隙に単独になったシスターが一撃くらい、早くも瀕死。なけなしのポーションでシスターを回復。ディアン先生で金貨持ちを攻撃するも倒しきれず。あっさり逃げられました(涙)
さらにシスターが一撃をくらいまたもや瀕死。すわ、早くも死者1名か、という状況でその後シスターが奇跡の3回連続回避。その間に北側からなりふり構わず前進させていたウォードがやっと到着。護衛スキルを駆使して、なんとかシスターを後方に逃がすことに成功。ウォード強いですね。一回目はまったく使わなかったのでありがたみが分かりませんでしたが、やるなジジイって感じです。

はした金に目がくらんで自らピンチを招きましたが何とか建て直し、北の河を越えたところで安定した戦線を構築することに成功。その後数ターンは危なげなく敵を駆逐しつつ東の村の館近くまで進軍しました。

途中で運良くベンハーとかいう斧兵士を捕虜にすることに成功。主人公が大量の経験値をゲットです。自分の手を汚すことなく美味しいところだけかっさらうのが我らが主人公のモットー。ていうかこいつが死んだら終わりだと思うと怖くてとても前線には出せません。レベル1だし。
しばらくは温室環境でぬくぬく育てたいところ。

館に居座っていた謀反部隊の隊長はレベルの高い人々で削った後に主人公で止めを刺すつもりでしたが、ディアン先生の攻撃が盾を貫通してクリーンヒットし、そのまま昇天されました。ちっ。
館を制圧して無事クリア。

久しぶりなのでいろいろルールを忘れているところがありますが、まあ今のところなんとかなってます。
さてさて、こんなプレイでどこまで進めるやら。

次回最終回も十分ありえます。
 
 
あ、世界樹の迷宮はとりあえずラスボス倒しました。
クリア後のおまけとかあるらしいですが、とりあえず今はSRPGな気分なのでひとまず放置です。

|

« 通勤時間が長いのも悪くないです | Main | ベルウィック日記(2) »

Comments

ベルウィックになったかー(笑)若干悪いことをしたような気がする。Wiiの「暁の女神」ジャスコにあったから買っちゃったー。

Posted by: Lizay | February 25, 2007 at 10:02

ベルウィックは暇つぶしよ。
やり直ししないからすぐ終わると思う(笑)
一度クリアしてるしな。

暁はwiiが買えないのでもうあきらめムード。
インプレッションとか聞かせてよ^^

Posted by: 通りすがりの管理人 | February 25, 2007 at 10:47

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45764/14037515

Listed below are links to weblogs that reference ベルウィック日記(1):

« 通勤時間が長いのも悪くないです | Main | ベルウィック日記(2) »