« December 2006 | Main | February 2007 »

独身生活を満喫しました

諸事情により先週からずっと一人暮らし状態でした。
(昨日の日記はあまりにアレだったので削除しました、もし見た方いましたら忘れてやって下さい)

嫁が九州の祖母の家に行ってたからなんですが、明日の夕方に帰ってくるので独身生活も今晩が最後ということになります。なんだかんだで家事を一人でやるのは大変でしたね。私は面倒くさがりなので夕食はかなり外食しました。男は一人になるとダメですね。てめえと一緒にするなという声が聞こえてきそうですが。

せっかくなので週末は普段嫁がいるとできないことをやろうと思い、いろいろ考えてみたんですが結局何もできず。いつも通り洗濯して皿洗って買い物いって適当にゲームしてレンタルビデオ屋覗いて帰ってTV見て眠くなって寝たりしました。我ながら実に平凡な生活ですがまあこんなのも悪くないです。

そういえば一人になって気づいたことに「笑うと逆にさびしくなる」ってのがありました。たとえばTVを見てて面白いことがあって声を出して笑ったとすると、その後の間が微妙にさびしい。ってなんか嫁に逃げられた男みたいですか?いや、逃げられてないよ?ほんとだよ?(必死)

冗談はさておき、こういう機会はなかなか無いのでちょっと面白い経験でしたね。結婚するとやはり何かと自分のペースだけでは生活していけないことが多いので、いきなりフリーになるとちょっと嬉しくなって羽目はずしたくなるけど、結局は面倒くさくなっていつも通りの生活をしてしまうという。習慣って凄いなとか思いました。
まあ昨日みたいにくだらない文章書く暇あったら何かやることあるだろうとか思ったりもしたけど。

閑話休題。

先週DSの『世界樹の迷宮』というゲームを買いました。
ウィザードリィ型の3DダンジョンRPGなんですが、ゲームマニア向けのシビアなバランスが売りと宣伝していたので思わず手を出してしまいました。絵が今風で個人的にかなりマイナスなんですが、内容は今のところ文句なしに面白いです。ただ、ウィザードリィぐらいのシビアさを期待するとちょっと違うなーって感じです。キャラクタの成長がスキル制なので、なんだかんだで大味になってきてる気がします。それでも考えないで適当にボタン押してるとすぐ死にますが。
最近、ゲームを買っても最後までやらないことが多くなってきたので、これは意地でもクリアしようと思います。
ちなみに今、やっと10階に到達。ボスにけちょんけちょんにやられました。物理攻撃反射ってテトラカーンですか?グループメンバーがパラディン、パラディン、メディック、レンジャー、バードというミリーオンリーな構成なので、毎ターン使ってこられると土下座して謝りたくなります。今から新しくキャラクタ育てるのもタルイですし、なんとか作戦を練らないといけません。

なんだかんだで楽しんでます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

信じるものは救われる・・・といいなあ

去年の末にリリースされたEQ2の拡張パック第三弾「Echoes of Faydwer」では信仰システムと呼ばれる新しいコンテンツが導入されました。これは長らくノーラスの地を離れていた古の神々がこのたび帰還したことに関係したシステムで、全8柱のなかから信奉する神を1柱選び、霊力の高いアーティファクトを奉納して忠誠心を示すことで神の恩恵に与ることができる、というものです。具体的には「祝福」と呼ばれる10分程度のBuffと「奇跡」と呼ばれる瞬間的な破壊力、強化を受けることができます。ただしそれぞれの神の信託者から洗礼を受け、祭壇を自宅に設置して「Favor」と呼ばれるポイントを貯めなければなりません。ようするに「信仰度」みたいなものでしょうか。アイテムで賄うところが個人的にどうかと思いますが、まあ地獄の沙汰も金次第と言う事ですか?(全然ちがう気がします)
とりあえずシステムをもっと詳しく知りたい方はこちらへどうぞ。
神々の特徴や受けられる加護の内容はこちらに詳しく書いてあります。

余談ですがEQ2の世界観を知るため、この機会に「運命の書」を読むことをおすすめします。読み物としても大変面白いですし、背景を知っておけばプレイのモチベーションもあがると思います(俺だけですか?)。
ただし現在は公式サイトの「運命の書」はなぜかアクセスエラーで閲覧することができません。代わりにここなどで読むことができます)


さて、そんなわけで今回、私も神を信奉することにしました。
ブリガンドの本質はアタッカーですので、やはり破壊力を重視して戦の神であるラロス・ゼックを選ぶことにします。

戦神の信託者は以下の場所にいます。

Eq20701061


ちょっと分かりにくいですが、ブッチャブロックマウンテンの北東です。カラディムへ続く道のちょっと先、グレイターフェイダークへと続く道の手前の崖の上といった感じでしょうか。怪しげな祭壇の前に怪しげなヘヴィプレートを着たオークがいますので探してみてください。

入信するにはラロス・ゼックの力がこめられたトーテムを探してこなければなりません。これは、グレイターフェイダークの東にあるクラッシュボーン砦近くの洞窟にあります。洞窟は入り口が3つありますが、たしか向かって左の洞窟の中にラロスゼックの像があるので、それを右クリックすればトーテムゲットです。

信仰のクエストは全部で5つあります。だんだんと適正レベルがあがるので、今の私では3つ目がギリギリ達成できるかどうかという感じです。最後のクエストをクリアすれば祝福を受けたマントがもらえるということなので、レベルが上がったら是非チャレンジしたいですね!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

誰か解いて下さい

あけましておめでとうございます。

正月はなんだかんだで予定がつまってしまって、なかなかゆっくりできてません。
掃除とか事前に終わらせていたので例年に比べればまだましなんですけどね。テレビとかは毎年ほとんど見ないのでどうでもいいんですが、もう少しじっくりゲームできる時間が欲しいなあとか。この歳になってまだ言うかって自分でも思いますが(苦笑)

もちろん全然やっていないわけでもなく、ここ数日は『インクレディブル・マシーン』というゲームの体験版を落としてチマチマやってました。ステージクリア型のパズルゲームなんですが、これが非常に面白い。ようするにNHK教育のピタゴラスイッチなんですが、限られた道具を使って物理法則に従いながら各ステージの目的を達成させるというものです。
絶版になっていると聞いて諦めてたんですけどね。まさか体験版があるとは思いませんでした。

こちらからダウンロードできるので、お時間のある方は是非チャレンジしてみてください。順調に進めば1ステージ1分もかかりません。ちょっとした息抜きにおすすめ。
クリアした後はすぐに次へ進まず、「Our Solution」を見ましょう。目からウロコが落ちること請け合いです。

ちなみに私は「Expert#2:Temple of Gloom」で詰まりました・・・・
うーむ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »