« 日本人なら知っておきたいと思いました | Main | 感無量です »

んー、何かが違った・・・。

昨日に引き続き『硫黄島からの手紙』を観てきました。
『父親たち~』がとても良い作りだったので期待してたのですが・・・・残念ながら表題のような感想でした。

基本的にはテーマもモチーフも同じなんですが、どうも演出手法が違うんです。戦争の悲惨さ、やるせなさを強調したかったのか、私には不要とも思える人物描写や脚色がされているように思えて少し白けてしまいました。
どうして『父親たち~』のように事実のみを淡々と描くような展開にできなかったのか・・・。もしかしたら日本側の資料が乏しくて無理やり話を膨らませるしかなかったのかなあ、などと想像してしまいました。部分部分の脚本が良かっただけに残念でなりません。まあ映画に無脚色を求めるなよって気もしますけどね。素直にノンフィクションを見ますか。


この作品で一番印象的だったのはパンフレットに載っていた次の一文。

「命は大切なもの、戦争はいけないもの、これは当たり前のことです。死ぬことも確かに悲惨ですが、その後、遺された遺族の悲劇はずっと続くのです」

戦争で一番悲惨な経験をしたのは戦場で死んでいった兵士たちではなく、戦後、一家の大黒柱を失った遺族たちなんですね。そこまで想像できませんでした。
私のような戦争をまったく知らない世代は、こういった映画や歴史書などで表面的な出来事を知ることはできても、その背後にあった描かれていない悲劇を想像することができません。何もかも満たされた世の中に生きているために、「苦労」に思いが至らないのです。

そういった想像力の欠如が歴史を繰り返させるのかもと思うと背筋が凍ります。今の日本の状態を見ると、それは不可避に思えるからです。
私はこれまでとてもラッキーな時代に生きてきました。過去の歴史を知れば知るほど、今がどんなにラッキーな状態であるかが知れます。この頃が一番良い時代だったと、後に思い返すようなことがないよう祈るばかりです。

|

« 日本人なら知っておきたいと思いました | Main | 感無量です »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45764/13266597

Listed below are links to weblogs that reference んー、何かが違った・・・。:

« 日本人なら知っておきたいと思いました | Main | 感無量です »