« October 2006 | Main | December 2006 »

ノートPC購入記

実は最近ノートPCを購入しました。

ところで、どうですか、久しぶりの三日連続更新。暇人パワー炸裂ですよ(笑)
まあ残業調整の関係で定時あがりだからできることなので、これも明日までのことです。。とほほ。

それはさておきノートPC。今年の初めにデスクトップを新調したばかりなのに、なんでまた新しい端末を買ったのか。理由はいろいろあるんですが、ぶちゃけて書くと今年の冬はコタツに入りながらパソコンがしたいなと思ったからです。というのは冗談で、嫁が結構使うようになったので、もう一台あってもいいかなと思ったことが本当の理由です。前者の理由もあながち嘘ではありませんが^^
しかしさすがにデスクトップをもう一台置くのはどうかと思ったので、2台目はノート型となりました。ありがちなパターンです。

問題のスペックですが・・・・これは結構悩みました。最初に考えたのは、軽くて小さくて廉価なノート。嫁はゲームはやりませんので、最低限、WordとExcelが動いて、Webのブラウジングができて、メールのやり取りが出来ればええんでないかと思い、探し始めました。
ノートPCには大きく分けて家電系とショップ系(BTO)があります。家電系はデザインが良いんですが、代わりに余計なソフトウェアがたんまり付いてくるのが嫌だったので、迷わずBTOすることにしました。
しかしBTOは初めてだったので正直勝手が分かりません。何はともあれ情報収集が必要だと思い、「ノートPC」&「BTO」で検索です。
そしてたどり着いたのがかの有名な『蹴茶』さんのサイト。

思えばあのサイトを見つけたときから、何かが狂い始めたような気がします。

それからさらにいろいろなサイトを巡り、悩んだ挙句、決めたのは秋葉原に店舗を構えるFaithブランドの色物ノート、ProgressDTです。
何が色物かというとCPUがデスクトップ向けのデュアルコア、PentiumD。この時点で暖房効果抜群なのが簡単に予想できます。おまけにグラフィックボードがGeforce6800。一年後に熱疲労で破壊するHDDが見えるようです。
そもそも軽くて小さくて廉価なノートという当初の基本コンセプトはどこにいったのか。
人間の欲というのは恐ろしいものですね。。。

そんなこんなで発注をかけてから今日でちょうど20日目、ようやく物が届きました。

Note0611291

開けてみると想像以上にでかい。しかも重い。とてもモバイルをする気にはなれません。
とはいえ筐体の剛性は高そうですし、アルミのような質感はとても良好です。個人的にがっしりした造りが好きなので、この点は好感触。

次に静穏性ですが、発熱量の多いパーツがある割には静かな気がします。まだ高負荷をかけていないからかもしれませんが、少なくとも通常の使用状態では気になるほどではありません。ただ、底面に3つ、背面に2つほどファンがあるので、これらが全開で駆動したらさすがにうるさいだろうとは思います。

ちなみに発熱はやはりかなりのものです。
現在OSのセットアップ中ですが、早くもキーボードのあたりが生暖かくなってきました。
ACアダプターなどは起動して5分もしないうちに相当な熱さになっています。もてないほどではないですが、ずっと触っていると低温火傷にでもなりそうな感じ。長時間の使用に問題がないのか不安を覚えます。

キータッチは可もなく不可もなく、ってところですかね。今使っているデスクトップのものよりはタッチが柔らかく静かです。

液晶ですが、これは正直よく分かりません。
最近流行の光沢系ではないので、家電系のものと比べると全体的にもっさりしているような気がします。映り込みがないのは良いんですが・・・。それとやはり見る角度が悪いと、若干輝度が落ちますね。液晶の性だと思うので、これは我慢するしかなさそうです。

ちなみに専用バッグがついてきました。これは予想していなかったので、嬉しい誤算でした。
先ほど書いたように、モバイルする気はさらさらないんですが、使わないときに入れておくケースとして活用できそうです。


紆余曲折ありましたが、何はともあれこれからいろいろ活用していきたいと思っています。
まあ基本的には嫁専用機なんですけどね。
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

目標は年内完成

突然ですが、ジグソーパズルを初めてみました。
 
 
先日、吉祥寺のムラウチへ嫁が手芸用品を買いに行くというので一緒についていきました。
暇だったので何気なくジグソーパズルのコーナーを眺めていたら、昔から好きだった笹倉鉄平のイラストがパズルになっているではありませんか。
たまにはこういうのも良いなあと思い、さっそく嫁に相談してみました。するとまんざら嫌いでもないとのたまうので、いっちょやってみるかということに。

大きさが1000ピースと2000ピースの2種類あったのですが、大きいほうが見栄えが良いだろうという至極単純な理由で2000ピースを購入。最初なんだから小さい方が無難ではと嫁は反対してたのですが耳を貸さず。今思えばジグソーパズルを甘く見すぎていました。

帰宅後、居間のテーブルの上に台紙を広げてみると、微妙にはみ出しています。だいたい1.00m×0.75mぐらい。持って帰るときに既に大きさは分かっていたのですが、テーブルに乗せてみると感じが違うものです。
説明書を読むと、なんでも最初は端っこの枠を探すのが良いとのこと。嫁と二人でせっせと端っこのピースを探しました。

そして・・・・

Jigsaw0611281

なんとか枠が完成。
ここまでで約2時間ほどかかりました
時間が遅くなったので、この日はこれでおしまいに。

二日目、会社から帰って夕食を食べてから再開。
2時間後・・・・

Jigsaw0611282
 
 
実に手強いです。
 
 


| | Comments (7) | TrackBack (0)

おでのいえ

Eq20611271

ブリガンド君の家は、我らが偉大なる覇王様のおひざもと、ビッグベンドの一角にあります。移民して最初にいただいたありがたい借家です。家賃は1週間で10シルバー。激安。

家に入ると正面に鏡があります。
ブリガンドは身だしなみも重要です。
出かける前にチェックができるようにとの細やかな気配りです。

Eq20611274

鏡の上に飾ってあるのは、どこぞやで略奪した海賊旗です。
家に飾ってみたら妙にしっくりきたのでそのままに。

他にもオークやらフェアリーやらの生態を調査し極めた証がそこかしこにあります。俗に言うロア&レジェンドってやつです。いやあ苦労しました。まあ金にモノを言わせてバザーでかき集めたりもしましたが。


Eq20611272

ベッドです。玄関から入るなり3歩で到達できるアクセスの良さが気に入ってます。
どう見ても体に合ってませんが気にしてはいけません。

Eq20611273_1

先日ゲットした屋内ペット、死神君。
ケタケタ笑ったりすると面白いんですが、今のところ死んだふりしかできません。要しつけ。

ちなみにまわりに山積みされた本を見てもらえば分かりますように、こう見えてもブリガンド君は読書家です。

Eq20611275

ほとんどの本が落丁してますが。


最後に、同居人を紹介。

Eq20611276

家を空けがちな為、彼の健康面が心配です。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

五十路を迎えました

とうとう基本モジュールのレベルキャップに到達しました。
(現在は70ですが)

記念にご挨拶。

Eq20611110_1
なんか明後日の方向を見てますが気にしないで下さい。

しかし早いもんです。今年の2月から育て始めて9ヶ月ちょっと。地道な努力が実を結んだというところですか。ひたすら敵を殴るしか能のない割りにイマイチDPSがあがらず、幾度と無くモチベーションを下げつつも、いつかは真骨頂に達してくれるだろうと信じて、というより今更ほかのキャラを育てるのも面倒くせえと思い、ここまで頑張ってきました。前向きなんだか後ろ向きなんだか自分でもよく分かりませんが、EQにおけるレベリングの苦労をご存知な方には、この気持ちが分かっていただけるのではと思います。

その苦労の甲斐もあって、ブリガンド君はかなり成長しました。
DPSも当初の心配をよそにグングン上昇し、今では胸を張って自分はアタッカーであると言えるようになったと思います。
ただ、50歳を超えてから新しいアーツを覚えなくなりました。もう完成しちゃったってことなんでしょうか。噂によるとまだ上位の追加アーツがあるようですが、どうも現状のアーツ郡がひとまずのブリガンド最終形態と言って良さそうです。

そこでここらで一度、現状をご紹介しようかと思います。
まあ、要するにクラス自慢です。


まず、ブリガンドの基本スタンスから。

Eq20611111

移動速度、STRの上昇と、防御力の低下、ヘイト減少のBuffが常時入っています。この中で特に「イージス」はかなり重要。あるとないとでダメージ出力が変わってきます。ヘイト減少BuffはMTが居ないときはなるべく消すようにしています。よく忘れて後衛クラスにMobが張り付いたりしてますがご愛嬌ってことです。

次に毒ですが、現在は以下の二つを使い分けています。

Eq20611112

左が従来から使い続けているDD毒。おそらくもっと強力なレジェンダリィの毒があるんだと思いますが見つかりません。どなたか見かけたら買っておいて下さるとありがたい。
そして右が今、ブリガンド業界で話題騒然のパワータップ毒。なんとワンヒット25%の確率で対象のパワーを333低下させ、その約半分を自分のものにできます。アホみたいに強力です。これがあると極端な連戦をしない限りパワーが尽きることはありません。
というわけで、ソロのときはDD毒を、鬼プルなグループ戦ではパワータップ毒を使うのが今の流行です。


お次は攻撃アーツ郡の紹介。

まずはステルス状態からの攻撃アーツ。

Eq206111105

ひとつだけです。攻撃すると姿が見えてしまうので、種類がたくさんあっても意味ないですしね。
ダメージもぼちぼち強力ですが、STR低下のDeBuffがポイント。
ブリガンドの攻撃アーツはこれに限らずほとんどにDebuff効果が付いていて、そのどれもが結構馬鹿にできない影響を与えてると思います(希望的観測)。
時間は短いんですけどね。

正面からの通常攻撃アーツ。

Eq20611113

「コンシールド・ブレイド」のSlowが地味に利きます。たぶん。


続いて、ブリガンドのメイン攻撃方法である、後方からのバックスタブ系アーツ。ソロの場合そのきっかけを作るために以下の二つのアーツを利用します。

Eq20611114

短いスタン(というか方向固定)効果時間の間に、以下のアーツをどこまで叩き込めるかが勝負。

Eq20611115

これらのアーツでMobが沈まない場合は、最終手段として以下のアーツがあります。

Eq20611116_1

以前紹介したアーツの上位版です。割と強力ですが、グループでは使いどころが難しい。ちなみにヘイトをとってしまった場合は、以下のような回避方法があります。

Eq20611117

左はあまり使いません。通常は右だけでOK。同時にステルス状態になるので、ヘイトが落ち着いたところを見計らって、再度ステルス状態からの攻撃アーツが撃てます。

最後に、強敵と戦うときのブースト技を紹介。

Eq20611118

同時に使うと累積します。
FBSSとも累積することを確認しました。
いざというときに使えば、DPSが瞬発的にあがるので重宝します。もちろんリキャストが長いので連発は無理です。

他にもSnare系や、単純にDeBuffのみのアーツなどもありますが大体、メインで使っているのはこんな感じです。
戦闘中は上記のアーツを状況を見ながら順番に撃ってる感じです。ヘイトが安定していれば、かなりのDPSを叩き出していると自負できます。ただし後ろを取れないと実力の半分も出ません。ポジションやヘイトの安定度にかなり影響されるクラスだと思います。

あとソロプレイについて。
スカウト全般はどちらかというと苦手というイメージをもたれがちですが、ブリガンドは相手を選べばそれなりにいけます。なんせ防御力や回避率が低い代わりにDPSだけはやたら高いので、倒すのも倒されるのもあっという間です。とりあえず喧嘩を売ってヤバそうならEVACで瞬時に逃げられますし、テンポ良く進められるという意味では得意だと言ってもいいんじゃないですかね。ステルスもあることですし。
まあこんなことが言えるようになったのは40台後半からで、それまでは煮え切らないDPSのおかげでどちらかというと苦手かなと思っていましたが。
ちなみに、格上を相手にするのは今も苦手です。共倒れ覚悟でやれば勝てないことも無いんですが、HPを回復する手段がないのでインターバルが長くなってしまって効率が悪いって感じです。


とまあそんなわけで、ブリガンドは相変わらずのアーツラッシュ系ミリーアタッカーです。自前の強力なDeBuffのおかげでレジストや回避、受け流しされることもほとんど無く、パワーさえ切れなければ延々とコンスタントにダメージを与えることができます。あとはもう、こっちの体力が尽きるのが先か、相手が倒れるのが先かというところを如何に見極めて戦うかがポイント。ソロの場合はですが。あ、囲まれたら即逃げです。逃げ足には自身があります(EQにおける最重要プレイヤースキルです)。

最近はかなり楽しいですね。
55になれば最終奥義と名高い「ディスパッチ」も使えますし頑張って育てねば。

Eq20611119

上の画像は某所からパクってきました。
素敵なDeBuff能力です。このアーツのおかげで、ブリガンドのことを「13秒間に賭けるアタッカー」と表現しているサイトもありました。なんか非常に短命なイメージです。このDeBuffが入ってないとダメってことですか?
でも早く使ってみたいですなあ。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »