« February 2005 | Main | April 2005 »

まわりくどい話

ふと、ゲームの楽しさとは何だろうかと考えてみました。
突然どうしたんでしょうね。まぁあったかくなってきましたしね。

もちろんこういった問いに真の答えなどというものはありません。分かってます。10人いれば10人の答えがあるんだろうと思います。ええ、分かってますとも。
でも、それでも自分がゲームのどんなところに楽しさを見出しているのか、そんなことを考えたりしちゃうのです。楽しければ理由なんかどうでもいいじゃないか、と思わなくもないですが、なんとか理屈を文章にまとめたくなっちゃう。考えを形にするとなんとなく安心するし、なにより考えているときが楽しいからでしょうか。ようは妄想ですか?というわけで、今日は妄想日記です。
そこ、いつもそうだとか言わないように。

さて、こんなことを考え出したきっかけは、ちょっと前に衝動買いしたあるゲームからでした。タイトルは『アンリミテッド:サガ』。新品にもかかわらず実売価格は780円。安い。安すぎる。ドンキホーテもビックリのこの安さが暗示するように、巷ですこぶる評判が悪いこのゲームは、しかし不思議と私の好みにぴったりと合いました。そしてこの世間との受け取り方のギャップが気になったのです。

何がそんなにダメなのか!(鼻息荒く)
私の感性がおかしいのか!(その可能性は大いにあります)

もちろん一般的に言われているダメな理由の中には共感できる部分もたくさんありました。

曰く「サガじゃない」
曰く「説明書が不親切すぎる」
曰く「爽快感がない」

いや、まったくそのとおり。

小説でも映画でも漫画でも、何らかの作品を評価するとき、評価方法にだって人それぞれありますよね。例えば話のオチを重視する人や登場人物のキャラクタ性を重視する人。そういったポイントさえおさえてあれば後の短所は目をつぶります、という方もいれば、ちゃんと総合点をつけて評価する人もいるわけです。
で、私はというと前者なわけで、むしろ平均的に良くできていて総合点の高い作品よりも、どこかひとつだけ飛び抜けていて残りは困ったチャンという方が好きだったりします。

何が言いたいかというと、私にとって『アンリミテッド:サガ』は一部が飛び抜けて良かったということです。ではどこが飛び抜けてよかったのか?そこです。そこを考えるのが面白いのです。ほとんど自○です。下品ですみません。

一般的にゲームにはモチーフがあります。モチーフ。難しい言葉ですね。私も実は良く分かっていませんが、ここでは「題材」という意味で使ってみました。合ってますか?合ってるということにしておきましょう。大まかに言えば戦争とか恋愛とか冒険とかそういったものですね。じゃあ例えば冒険活劇、具体的には遺跡探索をモチーフにゲームを作ることにしたとします。インディ・ジョーンズなんかを思い浮かべてください。ああいうゲームが作りたいなーと思ったとき、まず遺跡探索というモチーフの中でゲームとして面白くなりそうな要素を抽出する作業をします。私はゲームクリエイタではないので憶測ですがたぶんそんな感じのことをやるんだと思います。アクション的な部分でゲームとしての面白さを出すのか、それとも謎解きの部分を前面に出すのか。そうして狙いを定めたら、他の余計な部分、ゲームとして成り立ちにくい要素は簡略化します。これをデフォルメと呼ぶことにします。言葉の使い方が間違ってたらすみませんが、言いたいことは伝わっているでしょうか。この場合のデフォルメは例えば主人公が寝ないとか、トイレに行かないとか、食事が必要ないといったことです。こういう要素を入れても、そうとう上手く料理しない限り煩わしいだけになるからです。

私が思うに、ゲームの面白さというのは、この抽出作業とそれ以外の部分のデフォルメの仕方、そのバランスによって変わるものなんじゃないでしょうか。ただし、ここで注意したいのは、完璧なバランスというものはないということです。人によって面白いと思えるバランスは異なります。ほとんどデフォルメしないで、ひたすらリアルなゲームが好きな人もいれば、寝る前にちょっと遊んで終われる単純なゲームが良いという人まで千差万別だからです。ようはバランスの取り方によってゲームの質が大きく変わるということです。

いい加減書くのが疲れてきました。我ながら理屈こねすぎです。『アンリミテッド:サガ』の話に戻しましょう。
賢明な皆さんはもうお分かりのことと思いますが、このゲームは簡略化している部分と、ゲームの要素として残している部分のバランスが私にぴったりだったんだと思います。私は昔からずっと思ってました。なぜファンタジーRPGのモンスターはお金を持っているのか。何に使うんですか?モンスターが街に行って買い物するんですか?どうなんですか!

モンスターを倒すとお金がもらえる。このシステムは恐らく本来は、かつてそのモンスターに襲われ命を落とした者達の遺品という考え方で生まれたのだと思います。もしくは光物が好きでカラスのように収集しているから、という設定なのかもしれません。しかしRPGというジャンルのゲームが長い間、パクりパクられ作られていくうちに、最初のそういったデフォルメの理由が失われ、形骸化してしまいました。昨今のRPGでは、とりあえずどんなモンスターでも倒せばオートマチックにお金が手に入るようになってます。しかもストーリーが進むにつれて金額が増えたり。なんでだ。本来の意図から考えれば意味不明です。
『アンリミテッド:サガ』ではモンスターは一切お金を落としません。そのかわり、フィールドにおいて探索スキルが高ければ宝箱を見つけることができ、その中からお金を獲得できる可能性がある、といった具合です。もちろん、上記のようなことを考えて敢えてそういう仕様にしているのかは分かりません。が、個人的に評価したいのは、こういった形骸化したお約束を一切排除し、一からデフォルメをし直しているところなのです。どうですか。そう考えると凄いゲームだと思いませんか!
まぁ、デフォルメし直したから面白くなるとは限らないんですが。

それでも、変化があるというのは良いことです。やっぱりいろいろなゲーム、やりたいですもんね。
失敗作になってもいいです。とにかくこれからのクリエイターさんには既存の概念に囚われず好き放題やって欲しいものです。


と、ここまで長々と書いて気が付いたのですが、ようは「システムが好みだった」と一行書けば終わりでしたか?

| | Comments (23) | TrackBack (0)

身のほどを知る

先週末にとうとう58LVになりました、こんばんは。(←挨拶)

どうなんですか。レベルキャップの65まであと7つしかありませんよ。それはつまりレベルアップ時に流れる例の「ディーーーーン」って効果音があと7回しか聞けないということです。大問題です。それほどでもないですが。

レベルが上がったときのお楽しみといえば、もちろんニュースペルです。前回は正直どうでもいいスペルばかりで、いまいちウハウハ感が足りませんでした。が、今回は違います。これからのクレリックライフを劇的に変えてくれる素敵スペルが目白押しなのです。もちろん例によって入手困難なものが多いのですが、実はその中の2つほどを既にゲットしていたりします。

その一つ目がこれ。
 
EQ0503021
 
自分専用のマジックシールド。一定時間HPとACが上昇します。これだけでは昔からあるセルフシールドの上位版でしかありませんが、特筆すべきは追加されたマナ回復速度上昇効果です。巷の噂ではFT6だそうです。正直なところFTがなんなのかよくわかりません。まぁとにかくスゴイらしいです。確かにマナの回復が明らかに早いのでウハウハです。
ちなみにこれは先日行ったSSTレイドで、激戦の末からくもゲットした一品。というのはもちろんウソで6人ぐらいで適当に行ったら偶然手に入ったというボタモチスペルです。こんなことを言うと全国のクレリックから罵倒されそうで怖いですね。とにかく本当に運が良かったと思いました。ありがとうみなさん。


そして、二つ目がこれ。ギルド仲間のアシェルさんからいただきました。かたじけない。
 
EQ0503022
 
クレリックが幼少のころよりお世話になっている召還トンカチ君です。しかしこのトンカチ君はこれまでのへなちょこ野郎とは一線を画します。なんとProc付です。ところでProcって何の略ですか?EQは専門用語が多すぎてよく分かりません。が、とにかくこのトンカチ君で殴ってると、たまに100前後のダメージが追加されるのです。これは大きいです。通常攻撃が40そこそこなのに、その2倍以上のダメージが追加されるのです。しかも「たまに」と書きましたが、これが案外ポンポンでます。体感では平均5秒に1回はでます。これは凄いことです。

「いける!」
私は思いました。これまでクレリック(私)というのは「ヒールさえやってりゃいいんだ」ぐらいの目でみられるほど攻撃力が貧弱でした。それはそうです。前衛職の方々が100だの200だのというミリーダメージをコンスタントに叩き出し、ピュアキャスタな方々の魔法が一撃で1000、2000越えるこのご時世にです、クレリック(私)は日曜大工にでも使われそうなトンカチを振り回してようやく20だ30だとやってたわけです。そら「いいからすわってろ」と一喝されても仕方ありません。

しかしそんな淋しい瞑想ライフとももうおさらばです。
これからのクレリックには華々しい闘いの舞台が待っているのです。


そう確信した私は、意気揚々と一人で出かけました。
目的地はカジック・シュール寺院。
ターゲットは今まで一度も突破できたことのないトカゲの門番(推定年齢55歳)。
もちろん Consider Blue です。
これまでの経験ではブルーのMobにソロで挑んで勝つ確率は限りなく0に近かったと言えます。
しかし、私はもうかつての自分ではありません。

さぁ今こそクレリックの真価を発揮するとき!!!
 
 
 
 
 
 
EQ0503023
 
まぁ、ぶっちゃけクレリックはヒールだけやってりゃいいんだと思いました。
 

| | Comments (10) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »